ファーゴの作品情報・感想・評価

ファーゴ1996年製作の映画)

FARGO

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ファーゴ」に投稿された感想・評価

HeroM

HeroMの感想・評価

3.6
やっぱりコーエンのブラックコメディはよく分からん。
事実は小説より奇なりという目で観ると「んな訳あるかいな。うける。」の連続で。観たあとググるとまた裏切られたりとか。
この脳みそがグニャーってなる感覚が不思議な魅力なのか。
視聴者イライラポイントの「登場人物のツメの甘さ」はブラックコメディにすれば見られるよ、と映画内で暗示してくる斬新手法のフィクション映画(1996)
まさお

まさおの感想・評価

3.8
こんな惨い内容、
映画だから、と割り切って観たいのに
実話だと思いながら観ると下腹部あたりが重い。。

でも調べてみたら実話じゃないんかい!!
ふつうに騙された。笑


女性署長のあのカラッとした明るさが好き過ぎた
shelby

shelbyの感想・評価

2.9
ただただ、なんじゃこりゃ(笑)としか...観て損したとは思わないけど絶対友だちには薦めないww
何かの暗示なの?と勘ぐりたくなるぐらい、yeah? yeah!の応酬が笑える。
yuukun46

yuukun46の感想・評価

4.0
実話だと思って真剣に見てしまいました。ピーターストーメアってプリズンブレイクの時もでしたがこういう役やらせたらやっぱり凄いなと思いました。スティーヴブシェミは昔からこういったコミカルな喋りまくる役柄多いんですかね?
主人公の女性警官みたいな人にグイグイ詰め寄られたら自分も営業部長みたいにアタフタしてしまいそうです。
こないだ「スリー・ビルボード」を見て、フランシス・マクドーマンド凄いなーと思ったので、彼女がアカデミー主演女優賞を取ったもうひとつの作品、「ファーゴ」を見てみることにしました。
コーエン兄弟の作品は「ノーカントリー」しか見たことなくて、これも暴力描写多めのノワールかなと身構えてましたが、なんだかこれは、コメディですね。
けっこう面白かったです。

自分の妻を誘拐させ、社長である義父から身代金をせしめようとした男と、その共犯者と、事件を追う女警察署長の話。
ろくなことを考えない奴は、やっぱりろくな目に合わない、みたいな話を、皮肉っぽく描いた作品です。
後半の主人公格である警察署長マージなど、ごく少数の人物を除いて、おバカか、ちょっとずれてるような登場人物ばかりなこともあり、普通に笑えます。
特に、ウィリアム・H・メイシーの情けなさや、スティーブ・ブシェミのナメられ具合は絶妙で、彼らが悪巧みするたびにしっぺ返しを食らう様子には、ちょっとした爽快感も感じられました。
かなりひねくれた爽快感ですが。

鑑賞の目的だったマクドーマンドが演じたマージ・ガンダーソンは、妊娠中の警察署長で、カッコいい女性でした。
おバカな相手にも愛想よく付き合える、よく出来た人物であり、地道な捜査と正確な分析で、飄々と、しかし着々と犯人に迫っていく、仕事の出来る警察官。
「スリー・ビルボード」のミルドレッドとは全然違う、嫌みのない好人物で、人気なのも納得のキャラクターでした。
こういう人と一緒の職場で働けたら、心強いでしょうね。

ということで本作は、サスペンスを基調とするコメディでありつつ、不思議な幻想性もある、味わい深い作品でした。
笑いには悲劇が、また、滑稽で残酷な人間の業には、真っ白で美しい田舎の雪景色が、相対するように配置されていて、上手く対比が効いてたと思います。
面白かったです。
これほど、やること為すこと裏目に出る犯人がいたなんて、事実は小説より奇なりだなあ、などと思いながらWikipediaを眺めてたら、衝撃の記述が…(笑)
エンドロール見てなかったので、調べていてようやく気づきましたよ。
まあ、よくもいけしゃあしゃあと、「実話だ」などと、のたまったものです。
なんとも、人を食った映画ですこと。
た

たの感想・評価

-
わろてまう感じのやつ
xxx

xxxの感想・評価

3.4
まさかのホセフェリシアーノ登場。

コメディなのかサスペンスなのか、絶妙すぎて拍手。
人間の屑の見本市。
あっけらかんとしたあの夫婦だけが救い。

災難に見舞われた一部の人が可哀そう。
>|