ユートスカイウォーカー

ダイ・ハード2のユートスカイウォーカーのレビュー・感想・評価

ダイ・ハード2(1990年製作の映画)
3.7
クリスマスムービーの余韻。
せっかく1をみたし、流れで2も鑑賞。

一作目で説いたダイハードの良さは一切ないが、アクション映画として純粋に面白い!
何より本作の存在が、『世界一運の悪い男』を決定付けた。
ジョン・マクレーンに言わせてみれば、間の悪いことは運命らしい。笑
にしても一警官が、元軍隊相手に出来過ぎだぜ!マクレーン!

本作はダラス国際空港を舞台にテロが勃発。
その人質の取り方が面白い!
ダラスに入港まじかの飛行する飛行機をまとめて人質にしてしまうのだ!
燃料切れ=墜落=即死 に繋がる時間との戦いになるハラハラドキドキ感は一級品!

本作、映画好きほど面白いのが知ってる顔の目白押し!

エスペランザ将軍にフランコ・ネロaka"DJANGO"!
『"D"は発音しないんだぜ!』『知っている』
あかん、映画が逸れる。笑
でも分かる人には分かる!笑

テロリストグループの一人にロバート・"T1000"・パトリック!
この人はX-FILEでもいい味を出していた。

SWATチームにはジョン・レグイザモ!
ただ分からないくらい若すぎる!笑

そして、コンエアーなどでお馴染みコルム・ミーニイ。本当にちょい役だが、海苔巻きせんべいさん譲りの大っきな顔はちょい役でもインパクトがある。

他にもおばあちゃんの読んでる雑誌にリーサル・ウェポンが!(制作が同じ、ジョエル・シルバー)

あと僕は見逃さなかった。
飛行機で上映されているのが、シンプソンズのショーサイドボブの回だということを。

まぁ久々に見たら痛快で面白かった!