えいがドゥロヴァウ

悦楽共犯者のえいがドゥロヴァウのレビュー・感想・評価

悦楽共犯者(1996年製作の映画)
4.3
大変な変態だ大変態だ
シコシコマシーンとあらゆる感触を楽しめるマッサージローラー?が特にお気に入り

自らの性的嗜好をあの手この手で追求する人々
それは渇望とも呼べる切実な感情を伴うために
芸術的な創造性に富んでいる
観客は、その「効果」だけを最大限に抽出すべく行為が純化され洗練されていくさまをひたすら眺められる寸法
そんな様式美(そう、美しいのだ!)を茶目っ気たっぷりに描くヤン・シュヴァンクマイエル御仁は
やはり只者ではござんせん