有頂天時代の作品情報・感想・評価

「有頂天時代」に投稿された感想・評価

ふう

ふうの感想・評価

4.0
ハローニューエイジ!
初日から体調絶不調の私は通院からの令和スタートとなりました。

なので、永遠の恋人に慰めてもらおうと、アステア&ロジャースの『有頂天時代』です。1936年の映画ですね。黄金期👑

アステアの映画といえば『グリーンマイル』の「天国にいる天使だ!」と言わしめた『トップ・ハット』が有名ですが、この映画も天使のような二人のダンスを見ることができます👼

特に好きなのは♪Pick it Yourself Up ですね。
ヘタレ(のふりして甘える)アステアに対して、お姉さん感ばりばりのジンジャーが
「立ち上がって!埃払って、もう一回がんばるのよ!一人前の男になるんでしょ!」
と鼓舞するところが可愛くて可愛くて。
仕事に行きたくない朝は、これを聞いてがんばろう!ってするくらい好き😂

元祖ツンデレとヘタレクズのカップルの「もうお前ら早くくっついちゃえよー」な古典的ラブコメですが、麗しいダンスと音楽でここまで芸術作品に仕上げるなんて。

しいて苦言するなれば。
この映画はダンスシーンに物語的必要性が少ない箇所が多いです。ショーミュージカルにはありがちですが、舞台上でない場面はやっぱりもう少しダンスの中で関係性の変化をみたいです。
『コンチネンタル』の♪Night And Day や
『トップ・ハット』の♪Cheek to Cheek ,♪No Strings のような、歌ではなくダンスの中でも物語が進展していくシーンが欲しかったですね。

アステア作品の私的順位は、
1位 トップ・ハット
2位 バンド・ワゴン
3位 コンチネンタル
に次ぐ惜しくも4位の今作ですが、やっぱり♪Pick yourself upの素晴らしさはダントツですね。はああ、本当に天国。至福です。
So good!
It’s amazing about last sequence.

終盤どうなるんだろうと思ったら、クラシックムービーらしい、腑に落ちる展開になってくれた。
冒頭のくだりが終盤に活かされるのも面白い。
「Shall we dance?」や「ラ・ラ・ランド」は影響受けてそうだと思った。
不快感の塊みたいな映画。結婚式に遅れて金で許してもらおうと上京し、その場で可愛い子口説くとか頭おかしいだろ。そんなやつに娘なんかやらんでよろしい。
Imapotato

Imapotatoの感想・評価

3.5
相変わらずアステアとロジャーズのダンスは恐ろしい

時代を感じる内容だし「いつものか」と思うけどそれがいい。なんか全てを忘れられる
mmm

mmmの感想・評価

3.0
ダンス下手なふりをしていたアステアが突如キレキレなダンスをするところからやっと面白くなるんだけど、そこにいくまでに25分も使うのはあまりに冗長すぎる。

そっけないアステアに対してロジャースが歌う「A Fine Romance」もよかったが、やはり「Bojangles Of Harlem」が1番の見所だろう。『カバーガール』でケリーが鏡の中の自分とダンス対決をするシーンがあったが、その元ネタだったりするのかな?

シナリオはいままで見たアステア映画で1番酷くて笑った
記録 軽やかなダンス!
Hayato

Hayatoの感想・評価

-
どうもこの手の映画に絶対出てくる道化役が少し苦手で、今回も案の定休憩を挟んでしまったねんけど、やっぱり憎めないのもいいところ。

何よりjust the way you look tonight とa fine romance がこの映画だったなんて大興奮もいいところですよ。
そしてロジャースとアステアの黄金ペアのダンスももう最高ですよね。もちろん典型的すぎるとも言えるけど、それを楽しむのがこの類のエンターテイメントかと。
そんな事があるかみたいな事もくだらない笑いで済まされちゃったり、歌ってる間に全てが解決するのなんてミュージカルくらいだよ。笑
あぁ、この映画を当時の映画館で観たかった。やっぱり好きだなぁ。



ただ現代の感覚を押し付けるのはナンセンスだと思うからそこは批判するとこじゃないと思うけど、アステアのブラックフェイスに需要はあったのだろうかとは思ったよね。
青山

青山の感想・評価

3.4

でも 僕のダンスシューズが この古ぼけたダンスシューズが 僕に言う
"何があっても踊り続けろ、このまま!"

ドレスコーズのかの名曲で名前を知ったものの何してる人かよう知らんかったフレッド・アステア氏。初めて観ました。あの歌詞の通り、歌って踊る人だったんですね。



アステア演じるダンサーのラッキーがダンス教室の先生やってるヒロインのペニーともどかしすぎる恋を繰り広げるラブコメミュージカルです。

2人が出会うシーンの、踊れないフリしてたラッキーが彼女の危機にパッと華麗に踊り出すシーンがめちゃくちゃカッケェっすわ。まぁ、もともとお前のせいやんけ!という走れメロス感も大いにありますが。

......というか、全体にそれは付いて回りますねぇ。あ、まだメロス感の話です。
主人公も友達もとにかく能天気というか先を考えないというか......。金が入れば即ギャンブルでスって、ピンチださぁどうしようって時もとりあえずギャンブルだし、あまりにやってることめちゃくちゃでちょっと手放しで応援できないところがありましたよ。走れメロス読んだ時もそんな気分でしたけどね。

まぁとはいえ、すれ違いまくって、やきもきを通り越してややイライラしてくるくらいの2人の関係性は抜群に面白いですね。終盤はもうはよくっつけや!以外の感想はありませんでしたわ。
ちなみに最後とある脇役がカッコよすぎて普通に主人公よりその人の方が好きになりました。
nasty

nastyの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

トップハットに続けて主人公2人が同じ映画を観た。
地方でダンサーとして成功していた男が一攫千金を夢見て、上京し、成功も恋人も手に入れる話。

個人的にはトップハットと比べるとストーリーは普通であまり楽しめなかった。
>|