yayuyo

サンセット大通りのyayuyoのレビュー・感想・評価

サンセット大通り(1950年製作の映画)
4.5
ビリー・ワイルダー監督の傑作!
この年のアカデミー各賞にノミネートされながら、同年の対抗馬『イヴの総て』に苦戦し3部門のみの受賞となった今作。
どちらも華やかな世界の舞台裏にクローズアップした作品で、
今日まで名作の1つとして映画ファンに親しまれている事を考えると、この年、ちょっと凄すぎますね。

何よりもまず特筆すべきはグロリア・スワンソンの怪演でしょう。
彼女は実際にサイレント映画で活躍したかつての銀幕スターであり、
他の出演者もそれぞれ本人と役柄がリンクしていると鑑賞後に知り、驚愕しました。
これ、知った上で見てたら冷や汗ものでした…。
よくご本人たちも役を引き受けてくれたなぁ。
特にグロリアに関しては、今作出演までの間にかなりブランクがあるようですし、ノーマ役にかける想いにも特別なものがあった事でしょう。

役者の熱演もさることながら、脚本も安定の面白さで全編にわたり全く無駄がありません。
傑作の名に相応しい作品です。

今まで、今作を観ずしてビリー・ワイルダー好きを公言していて申し訳ない気がしてきました…。