サンセット大通りの作品情報・感想・評価

サンセット大通り1950年製作の映画)

SUNSET BOULEVARD

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.9

「サンセット大通り」に投稿された感想・評価

最後の迫力ある"All right, Mr. DeMille, I'm ready for my close-up"は圧巻。
そりゃ名ゼリフにもなりますわ。
やべぇ映画。
落ちぶれたサイレント映画時代の大女優。
自分がもう必要とされてないことに気づかずか、それともそう信じたくないのか。

後半のえげつない勘違いとそこから全てを失った彼女のイカレ具合がまさに狂気。
haru

haruの感想・評価

4.0
女優魂。

スランプ中の脚本家ジョーは、借金取りに追われている最中、豪邸に迷い込む。そこに住んでいたのは、往年の大女優ノーマ・デズモンド。彼女に気に入られたジョーはこの屋敷で囲われることに。

「何がジェーンに起ったか?」に似たストーリー、そして同じくらいちょー怖いです!
ノーマは世間ではすっかり過去の人なのだが、彼女の執事の健気な演出もあって、本人は今でも自身を大スターだと思い込んでいる。50歳にして、プリンセスを演じる気マンマンなノーマの「時代に取り残された感」がすごくて、まるで一人だけ違う次元に生きているようです。ノーマ役のグロリア・スワンソンもサイレント映画で活躍した女優だそうで、劇中の映画も本物?ちょー美人だわ。
ひさしぶりに本当に怖かったです。
oka

okaの感想・評価

3.9
「この屋敷全体が呪いにかかっている様だ。世間から取り残されゆっくり崩壊している」一般的に。“優秀な”自分がいなくなっても世の中は回るもの。そして時代が変われば、必要とされる人物像も変わってゆくもの。自分を客観視し謙虚に生きること。そんな普遍的なメッセージを、残酷なまでにホラー的に描いた、映画史に残る傑作。
憐れまれる狂気が生まれる壮麗、みんな大好き聖地ハリウッド。
5555

5555の感想・評価

4.3
グロリアスワンソンのノーマン役がかなり狂気じみてて哀しくて良い。全体の雰囲気もなかなか良かった。裏話が面白いので色々調べます。
それにしてもラストの迫力がすごい。
ひな

ひなの感想・評価

4.0
見終わったあと、息をするのを忘れていて苦しくなってしまった。

目が、目がすごいとにかく。ストーリーが進んでメンタルが崩壊されていくと共に白目の面積も広くなってく。

雨に唄えばのリナのその後、みたい笑
acott

acottの感想・評価

3.9
出オチのやつ。出オチなのでラストをドキドキ心配することはないのだけど、想像してたのと違うホラーサスペンス風味の哀しい愛憎劇だった。
サンセット大通りにある古びた屋敷に住んでいるのは、今は知る人も少なくなったサイレント映画時代のスター女優とその執事。そこへ売れない脚本家が迷い込み利害が一致、共依存のような関係になって…という話。大女優の狂気めいた存在感が恐ろしすぎるし哀しすぎる。
他のレビューで知ったけど、大女優役も執事であり元監督の役も、実際同様の経歴を持つ役者さんを当てているらしいのもゾクッとした。
ビリー・ワイルダーは『アパートの鍵貸します』は苦手だけど『お熱いのがお好き』は好き。

あとハリウッドのスタジオで「ゴードン・コール」という名前が出てきてびっくり!ツインピークスファンだけど知らなかった〜。デヴィッド・リンチがこの映画大好きだそうで、なるほど。自分がゴードン役で出てたもんなー。
>|