つばさ

ボウリング・フォー・コロンバインのつばさのレビュー・感想・評価

3.4
アメリカでは年間に銃による死者数が交通事故者数を超え、32929人。毎日約90人が死亡する計算だ。毎月のように銃乱射事件が勃発し、銃規制運動の気運は高まるが、それは一過性のものに過ぎず、時の経過とともに忘れられ、銃規制は足踏み状態。なぜ、アメリカでは銃による死者数が多いのに、銃規制は進まないのか⁉︎

1999年に起きたコロンバイン高校乱射事件を軸にこのテーマについてコミカルに描いたドキュメンタリー映画。
結構、無茶な取材もしてます。

アメリカの銃規制についてレポートを書くので観ましたが、あまり参考にはなりませんでした。
銃規制についてほとんど知識がない人にはこのテーマについて知る入門としては非常に良いです。
やらせも少しありますし、情報が結構偏っています。だから、この映画を鵜呑みしないでください。
いくつかの書物を読み、実感しました。

上記で書いたなぜ銃規制が進まないかの理由は、様々な原因が複雑に絡み合ってます。
どのような原因があるかは、NRA(全米ライフル協会)の存在や、憲法で銃保持が保障されてる、多くの銃が流通しどのくらいの銃を誰が持っているかが分からない、闇のルート、銃という大きな市場がある……などなど色々とあります。

それにしても、このテーマについて無知な人にはぜひ一度見て欲しいです。