どーもキューブ

暴力脱獄のどーもキューブのレビュー・感想・評価

暴力脱獄(1967年製作の映画)
4.5
ローゼンバーグ監督、ポールニューマンの素敵な反抗無意な笑顔



スチュアートローゼンバーグ監督

ドンピアーズ脚本原作、音楽「燃えよドラゴン」ラロシフリン。

脱獄映画といえるが、本作の印象は違う。

脱獄をスペクタクルに描く作品が大概をしめるのだが、

本作はポールニューマンの映画だ。

主人公のルークな素敵な反抗であり、

無意な笑顔を見る映画だ。

男なら共感できる。

無意味、無駄をひたすら繰り返すルーク。

何を抱えるか訳は描かれない。

ルークの神をも恐れぬあの柔らかい笑顔に容赦ない社会規則、
刑罰、
磨耗する強制労働。

ルークの素敵な反抗に男の心は揺れてしまう、
クールハンドルークのクールスマイルルークなのだ。

ひたすら彼の行為は、無意なのだ!

とあるシーンがすべてを表す、超必見!

僕はポールニューマンが得体のしれないキリストに見えた!

ニューシネマ期の隠れた傑作。

ルーク!

その悲しい笑顔の先に何がみえるんだい?

 2009年3月11日 レビュー

追記
ポールニューマン出演作の中での、私のポール作品。

「明日に向かって撃て」「スティング」を見て魅了され、ポールニューマンを見ていこうという時に出会った。

ポールニューマンの脱獄物かなという軽い気持ち。

見るとなんか、違うんです。

ヘンなみかたすると、

何してんこの人?映画なんです。

私は、無意味や男のぶっかこう、ぶざまな映画を好む傾向にあるんですが、

男ならわかる、中指を立てる、怒りを内に秘める、ひたすら意味の無い行為をくりかえす

成功、論理、努力を、描く映画は、百モあるが、本作はその逆。

塀のなかで笑顔を冷静に魅せるポールニューマンに心の中で泣いた。

「クールハンドルーク」の無意味なスマイルにとことんマイッタ。

スティーブマックィーン「大脱走」とは、内容のベクトルが全く違う映画だ。内面である、あくまで本作は、脱出行為を描くんじゃない。

ふれた笑顔に何をかんじます?

私はひたすら男を感じたんでございました。

ニューにシネマの中でも大好きな裏傑作。ブルーレイでほしい。