薬指の標本の作品情報・感想・評価

「薬指の標本」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

3.5
なんて美しいのだ。。。。。
全体を通して、湿っぽい蒸し暑い梅雨の浴室のような空気感だった。主人公の首筋の汗ばんだ質感や、髪の後れ毛がしっとりと首を伝っている様子が艶やかだった。主人公がラボのオーナーに想いを寄せ、実際に抱かれるにつれ少しずつ変化していて、少女から女性へと羽化していく様を俯瞰している気持ちになった。
女性にヒールの靴をプレゼントするってキザだし、意味合いとしては足を捕えて動けなくするようでもあるけれど、ロマンチック。恋に落ちて逃れられなくなっている主人公を見ていると、蜘蛛の巣にかかった蝶を彷彿とさせられた。
また、同室の男性とのすれ違いつつお互いを意識する距離感や、曖昧で鑑賞者に想像を委ねるような含みを持たせた終わり方も魅力的だった。作品のすべての登場人物に、その人にしかない過去や物語があるということを意識させられた映画だった。

かえって舞台がフランスだったことが、
自分では見つけられない世界を、
誰かに見せてもらっているような、
原作の遠い世界の雰囲気を
壊さずそのまま感じることができたのかなと
思いました。

挿入歌も本当に美しくて、
夢を見たような気持ちになりました。

大好きな映画です。
サキ

サキの感想・評価

3.0
必要最低限の情報だけがうつされていって核心にはまったく触れない、たぶんこういうことなんだろうなとなんとなく感じとれる雰囲気がいい
sumire

sumireの感想・評価

5.0
素晴らしいです。

21歳の色香が覚醒されていくさまを見た。見てはいけない世界をのぞいてしまった気持ち。ドキドキ。
衣装がツボ!フランソワ・オゾン作品を全て担当しているスタイリストさんで納得。透けの使い方と、色味が絶妙。私も痩せてフレンチスリーブ着たいなぁ笑
工場の製造ライン、ラボの家具、ホテルの内装、タイプライター、パープルのインク壺、タイル、音楽、細かい所までセンスの良い映画。
na

naの感想・評価

3.5
きれい
みてるだけで痛かった
ピアノ弾きたくなった
MAITY

MAITYの感想・評価

3.8
透明感…✧原作の世界観そのもの。淡〜く繊細で艶かしくフランス映画にぴったり。汗ばんだ肌に張り付いた髪。伏し目がちな長い睫毛。とーっても綺麗。映像も素敵だけどわたしは小川洋子さんの文章が好きなんだなー
原作が日本の方とは知らなかった。

以前借りようとしたが、年齢的に借りられなかった作品。

標本技術士がまるで、人の細部を標本にしたがっているような、フェティシズム溢れた映画のように感じた。
>|