ふっくー記念すべき1作目

シックス・センスのふっくー記念すべき1作目のレビュー・感想・評価

シックス・センス(1999年製作の映画)
4.0
ナイト・シャマラン監督が世界的に有名になるきっかけとなった今作。
オカルトホラーでありながらサスペンス要素もあり、そして最後のどんでん返しとゆうホラー映画のジャンルに新しい要素を含んだ衝撃作。

ホラー映画なのに悲しい物語であり、第六感に目覚めてしまった1人の少年の孤独さに切なくなる。

冒頭のシーン、ブルースウィリスの妻との会話、姿を表す幽霊の悲痛の叫び、これらが全て繋がっていく展開は当時まだ子供だった自分でも「怖いけどなんだか見れる」とゆう不思議な作品でした。

この作品のあとに公開するシャマラン映画は何かと今作と比べられてしまって、酷評されてしまうが、それぞれ個性がある作品で嫌いではないけどなーシャマラン映画。
「エアベンダー」「サイン」「ハプニング」とかタイプは全く違うのにシリアスでなかなか面白いと思うのですが(⌒-⌒; )

今作がホラー映画の新しい展開、話の一捻りに影響を与えたことは確かです。
「マザーハウス」「エスター」そういった一捻りのあるホラー映画が増えればホラー=B級とゆうイメージも少なくなるのかな?笑