シックス・センスの作品情報・感想・評価・動画配信

シックス・センス1999年製作の映画)

The Sixth Sense

上映日:1999年10月30日

製作国:

上映時間:107分

3.9

あらすじ

「シックス・センス」に投稿された感想・評価

PI

PIの感想・評価

4.0
なんとなく怖そうで敬遠してたけど、是非観るべき作品でした。
ストーリー構成も演技も素晴らしい!
meme

memeの感想・評価

4.2
大どんでん返しのホラー映画

ホラーが大の苦手で、一度 再生ボタンを
押したもののすぐ一時停止し、とりあえず
先にお風呂に入って部屋を明るくして鑑賞😂

結果しては、ホラー要素は随所にあり、
カメラワークが秀逸なゆえ次の展開が
読めずハラハラするシーンはあったけど、評判通りヒューマンドラマが素晴らしく、
観てよかったと思った!

車の中でお母さんと会話するシーンが
1番好き

結末に関しては事前に知っていたけど、
それでもユージュアル・サスペクツを
観たときのようにラストに向かう
演出自体が素晴らしくて引き込まれた🥺

子役のハーレイ・ジョエル・オスメントは
実生活に支障がなかったのかと心配に
なるくらい役に入り込んでいて 驚きの
演技力!!
ぎー

ぎーの感想・評価

4.0
映画史上最も心温まるホラー映画!

有名だけどホラーが苦手で敬遠していた作品。いっぱい映画を見てきたけど、見る前と見た後でこんなに印象が違う映画はない!ネタバレ厳禁の映画!もちろんホラーシーンは怖いところもあるけど、全然メインではない。ホラーが苦手な人にもぜひ見てほしい心温まる映画。人と人とのコミュニケーションの大切さを痛感する。必ず上手くいくわけではないけれど、心を開いてコミュニケーションを取れば分かり合える場合もいっぱいある。主人公のコールと母親も幽霊も、そして、マルコムと妻も。コールの「死んだ人が見えるんだ。普通の人と同じように歩いてる。お互いには見えないんだ。見たいものだけを見るんだよ。死んだって気づいてない。」という名セリフに全てが詰まってる。本当に素晴らしい脚本だった。アクション俳優のイメージがすっかりついてしまったブルース・ウィリスも精神科医を好演。コールを演じたハーレイ・ジョエル・オスメントは本当に天才子役だった。それにしても「寝ていても声をかければ聞こえている」というアドバイスは泣ける。最終的にコールはとんでもないコミュニケーション能力お化けだった。

以下、ストーリー。
小児精神科医のマルコムは昔の患者であるビンセントに銃で撃たれてしまう。それから1年後、マルコムは、妻から無視される理由が理解できず、苦悩と悲しみに暮れる。そんな中、マルコムは少年のコール・シアーと出会う。コールの姿にビンセントを重ねたマルコムは、彼を救うことで、ビンセントを救えなかった自分をも救えるかもしれないと考える。コールはやがて心を開き、隠していた秘密を打ち明ける。死者たちが自分たちの満たされぬ思いを癒して欲しいがために自分の前へ姿を現していたことを知ったコールは、ついに悩みを克服し自分の能力のことを母に打ち明ける
たす

たすの感想・評価

4.5
M・ナイト・シャマラン監督×ブルースウィルス。

死者が見える少年と、彼をサポートする小児精神科医の体験する「未知の世界」と2人の交流、そして少年が自分の持っている第六感とどう向き合って生きていくかを描く。

シックスセンスというタイトルだけにホラー映画だと覚悟し、事前情報なしに視聴。死者が登場するときの不気味すぎる音楽や、ハーレイジョエルオスメントの子役とは思えない圧巻の演技にドキドキハラハラした。ホラーは苦手だけど、ホラーに偏りすぎず親子愛や夫婦愛を描くシーンが多いため、どんどん引き込まれていく。特にお母さんに秘密を打ち明けたシーンは涙必至。
途中までのストーリーでも十分におもしろかったが、最後の展開は本当に衝撃!!鳥肌が立った。わかってから思い返すと、あーなるほどと思うことばかり。もう一度観ながら伏線に気付くのも楽しそう。

私のようにホラーが苦手で本作を食わず嫌いでいた人たちに、ぜひ結末を知らない状態で観てほしい!
ブリーフマン
arataki

aratakiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

有名だけど実は観ていなかったシリーズ。

ホラー映画が好きな友人にも勧められて
以前から気になっていた作品のひとつ。

最近、洋画ホラーにハマり始めたので
満を持して初鑑賞。

“初”と言いつつ、この前観た「エスター」同様
肝心のオチの部分は有名作が故に
既に知っている状態で鑑賞。
(誰から聞いたとかは覚えてないんだけど、
何故か知っている不思議...あるある)

《ホラー》にジャンル分けされているものの
ヒューマンドラマ寄りの内容で
怖さよりも切なさを感じる作品だった。
ホラーは苦手でも本作は好きという人がいるのも納得。

それにしても、コールを演じたハーレイジョエルオスメントの子犬のような涙目は可愛すぎた...
泣きそうな顔が良く似合う(笑)


最後の30分ぐらいで怒涛のラストスパートを仕掛けてくるわけだけど、オチを知った上でそれまでの伏線を楽しむのも面白かった◎

とは言え、やっぱり初見の驚きを味わいたかったというのも正直なところ...

ただ怖いだけでなく、ホロリと感動する
ドラマとしてもかなり上質な作品。

初見の方は出来れば事前情報なしでの
鑑賞がおすすめかな(笑)


2020-008
優しくなれるホラー映画
めい

めいの感想・評価

3.9
おかあさんがコールの「シックスセンス」を知ったとき、おかあさんとコールの間にあった何かがようやくとけた感じがした
大どんでん返し、の映画でした
たしかに毎日同じ服着てた(笑)
>|