ミッドナイト・ランの作品情報・感想・評価

「ミッドナイト・ラン」に投稿された感想・評価

序盤★4 中盤★3.5 終盤★4.5

最近くっだらないバディー・ロード・ムーヴィーを観たせいで観直した本作、やはり面白いです♪

こういう色んな立場から主人公たちが追われるパターンって、
『ブルース・ブラザーズ』が原点のような気もするけど、
やっぱもっと古い作品で基本は出来ているんでしょうね。

もうとにかく粋な演出のラストで、マーティン・ブレスト監督は次作『セント・オブ・ウーマン』でも心地いい余韻が味わえるラストやったし、
監督として脂ののった時期やったんでしょうね。

See you in the next life.
来世で会おうぜ

2017年255本目(再見)
Hide

Hideの感想・評価

4.5
何度観たかわからないほど大好きな、ロバートデニーロ主演のバディ映画。賞金稼ぎのデニーロが、お尋ね者のチャールズグローディン演じる会計士をニューヨークからLAまで連れて行くだけの話なのだが、とにかくテンポが良い。デニーロもアンタッチャブルのアルカポネ役で太った翌年の映画なのに、とてもスマートになっており、公開当時は驚いた。それまでデニーロと言えば、ゴッドファーザーパート2や、レイジングブルなど、役を作り込んで演じるイメージがあったが、これはかなり自然な演技で、それがまた上手さを感じる。悪役もいるのだが、みんなどことなく憎めないのも良い。ニヤリとしてしまうラストなど、何気にデニーロで一番好きな映画。
千紘

千紘の感想・評価

3.7
昔観た。
地上波吹替追録版をムービープラスで鑑賞。いやあ吹替も最高でした。
サイコ

サイコの感想・評価

5.0
僕のお気に入り映画の一つ。
最高だよね。この映画全てにおいて。
喧嘩するほど仲がいいってやつですね。
ラスト最高。カッコい〜〜
tjZero

tjZeroの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画、幕引きがドラマティックな訳でもないのに、意外なくらいに感動しちゃうんですよ。
あきれてしまう程に、さわやか。
十数回も観ていく内に、その理由がわかってきました…。

主人公はジャック・ウォルシュ(ロバート・デ・ニーロ)。
元警官のバウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)で、次の仕事を機に引退し、カフェでも開きたいと思っています。

彼の最後の”獲物”は、”デューク”ことジョナサン・マデューカス(チャールズ・グローディン)。
マフィアの裏金を告発し、命を狙われている経理士です。

ジャックの仕事は、N.Y.在住のデュークをロスの検事局へ、期日までに送り届けること。
空港からひと息に向かうはずが、飛行機恐怖症だというデュークの虚言にだまされ、地上を移動することになります。

さあそこから、鉄道、バス、クルマ、軽トラック、川下り、セスナ機…といった様々な手段を使っての珍道中が始まります。

東から西へとアメリカを横断する大移動の間に、ジャックが警察を辞めざるを得なかった苦い過去や、デュークがマフィアを裏切った事情などが、ふたりの会話から次第に明らかになり、物語にふくらみが出てきます。

前へ前へと進む珍道中と、ふたりの過去を掘り下げるインナートリップとが絡み合って、立体的な厚みが感じられるのです。

加えて、ふたりを追う警察、FBI、マフィア、ライバルの賞金稼ぎ…などが横から介入してきて、ストーリーはさらに重層化し、にぎやかになっていきます。

終盤、無事にL.A.に到着したジャックは、友情がめばえたデュークを解放することを決意します。
ジャックは警察退職記念の腕時計を、デュークは隠し持っていた逃走資金を、互いに贈り合って別れる両者。

そしてラストのラスト、カフェの開店資金を手にしたジャックは意気揚々とタクシーに乗り込もうとしますが、高額紙幣のため断られてしまいます。

ジャックの最後のセリフ「歩くしかないか…」

これが、ものすごく感動的なんですよ。
なぜか?

いろんな交通手段を駆使して、半生をふり返りながら全米を横断してきた彼が、最後の最後にタクシーに乗車拒否されてしまう…という皮肉なオチ。

でもそれが、新たな人生を自分の足で歩いていけ…というジャックへの応援歌に感じられるので、さわやかな感動が残るのです。

そんなこと、セリフではひとことも言ってないですよ。
でも、幕切れからはたしかにエールが感じられる。

だから大好きなんです。この映画。
Meg

Megの感想・評価

4.0
面白かった!物語全体よりもジャックとジョナサンの掛け合いを楽しむ作品。命がけの運命を背負っている筈の2人が、そんな空気にそぐわない小競り合いの喧嘩をしている。このギャップが良い♪大掛かりなアクションやハラハラドキドキさせられるようなスリルある展開はないが、脚本の巧みさが際立っている。個人的に映画でよくみられる、そこに居た筈のアイツが振り返ると居なくなっているシーンが素晴らしい。爽やかな幕切れ。他の方の感想にもあるが、知名度の低さが謎。もっと多くに観てもらいたい!!
たく

たくの感想・評価

4.5
主役のデニーロの普通のおっさんの演技がサイコーにステキです!
話も面白く、素直にワクワクして最後が粋すぎる大人のコメディアクション
ぜひ沢山の方に見てほしいです!
geru

geruの感想・評価

3.8
30年ぶりに見た。
だいぶ忘れていたから
楽しめた。
こいうデニーロも良い。
ラストの「来世で会おう」シビれる。。
>|