KozaiSzatosi

Love LetterのKozaiSzatosiのレビュー・感想・評価

Love Letter(1995年製作の映画)
2.9
いくら名前が違うといえど、同じ雪景色である神戸と小樽が舞台で、大して演技の幅が広くない上に、見た目も言葉もあまり変化のない中山美穂が一人二役。最初の20分ぐらい、内容を理解するのに苦労した。わかるわけないだろ。

確かに、プロットはかなり巧い。同姓同名というのを巧みに生かしつつ、時空を超えて展開される恋物語は、ちょっと90年代のCMみたいだけど、とても面白かった。

だが、どうしても、臭すぎはしないか?アニメとか漫画ならともかく...と思わせるような、クッサイ、アザトイ描写、台詞、情景。「花とアリス」といい、これといい、この人の映画はプロットは面白いけど、要所要所にクササが溢れてて、厭になってくるのだ。

中山美穂とトヨエツの演技のわざとらしさ・あざとさも鼻につく。そして、良くも悪くも濃すぎる、鈴木蘭々の顔...