Love Letterの作品情報・感想・評価・動画配信

「Love Letter」に投稿された感想・評価

酒井美紀が一人佇む喪中の家に陽射しを差し込ませるあたりが岩井俊二。手紙によって記憶が蘇ってくるというより、二人の中山美穂によって記憶が作られていく感じ。あんなに堂々とプルーストを使うのはちょっと真似できないし、羞らいを超越しているところに岩井俊二の凄さはある(その点、野田洋次郎とよく似てる)。集団の暴力への拘りがほんと強くて、後半の女子中学生たちの戯れにも暴力を感じさせるものがある。話の中ではむしろ好ましい役割を与えられているのに。
キーパッドの音がデカすぎてすこし耳障り(ワープロ壊れそう)。セリフのむず痒さはとてもつらいのだけど、ピアノ曲にカタルシスを与えるための演出な気もしてきた。

怪我人の包帯へのフェティシズム。
はやと

はやとの感想・評価

3.4
手紙=文通ではなく図書カードに絵という樹(男)なりの想いの伝え方。
博子のお願いで樹(女)が振り返る学生時代の思い出。
最後に博子は樹への想いがふっ切れたのかな?
映像美とサントラが最高だったけど、盛り上がりが少し欠けた印象でした。でもまた見たくなります。小樽の雰囲気最高でした。
鹿

鹿の感想・評価

-
(あなたが居なくとも)私は元気です
杏仁DOPE

杏仁DOPEの感想・評価

4.7
恋愛ものが苦手で、昔から気にはなっていたけども、中々手が延びなかったラブレター。

こんなにも良い作品だったとは…

いや、逆に今観たからさらに新鮮に感じたのもあると思う。

25年も前の作品なのに映像美が素晴らしい。

それとともに当たり前なのだが、出ているキャストが若い。

中山美穂、豊川悦司、田口トモロヲをはじめ、酒井美紀、柏原崇、鈴木蘭々と皆若い。

中山美穂の1人2役演じる、渡辺博子と藤井樹の手紙のやりとりから進む藤井樹(柏原崇)の過去の人間像。

伏線回収、そして、斬新でオシャレなラストシーン。

本当に素晴らしかった。

インターネットやSNSが普及している、今の時代だからこそ響く色々なモノがあった。

君のすい臓をたべたいのラストも良かったけども、このラブレターのラストは本当に良かった。

岩井俊二監督って、独特の静な流れがあると思うのだけども、初の長編作品であるこの作品からそれが出ていたと思う。

図書カードかー、いいなー。
八朔

八朔の感想・評価

-
またけったいなこと思いつく子やなあ
takatak45

takatak45の感想・評価

4.2
お元気ですか?
私は元気です。
shamcafe

shamcafeの感想・評価

3.5
内容がいいね
シオリ

シオリの感想・評価

3.5
胸がキュ…となった。若トヨエツめちゃ可愛い。岩井俊二はなんかあまり好きじゃないけどこれはシンプルで良いな。
ガロン

ガロンの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

展開も面白いし、映像も綺麗で素敵。樹(男)の不器用ながら樹(女)を密かに想っている様子がいいなぁと思った。図書カードの藤井樹は自分の名前ではなくて好きな相手の藤井樹だったというのが上手いなーと思う。良い時間だった。
ゆき

ゆきの感想・評価

2.5
ロケ地となった洋館いいな。住んでみたい。ストーリーは10代の多感な頃に観てたらまた違ったのかも。波に乗り切れないままエンディングを迎えた。役者陣みな若い!
>|