天津冴子

タクミくんシリーズ あの、晴れた青空の天津冴子のレビュー・感想・評価

4.5
このシリーズを知ったのは、滝口くんが戦国鍋TVに出てたから…という、横道から入ってきた自分が何を語るのか?というのもあるが。

原作を知らなかったので、実写→漫画→小説という逆ルートで世界観を補足した。
それぞれの表現の特長と限界があるのもわかった上で言うなら、この映画はすごいと思う。

まず監督の「文字や絵の作品を実写にする」時の「何を見せて、何を見せないか」の判断が絶妙だなぁと思った。

浜尾くんは、主人公とほぼ同年代でこの過酷な役どころを演じている。
虹色の硝子の頃のぎこちない少年はもういない。

渡辺くんのなりきりっぷり、ギイという現実離れした存在でさえ納得させられる風格はさすがだなと思う。

タクミくんシリーズは、エピソードとしてはまだまだあるけど、2〜5作目までのこのチーム作品で一旦完結しちゃった感満載かな。

他を描くなら、全くチャラでやらないと勝てる気がしない。
そのくらいBL作品というフィルター無しに見て欲しい映画だと思う。

一番萌えたセリフは、タクミの
『どっち…でも…』
かな。