ねじまき

THE 有頂天ホテルのねじまきのレビュー・感想・評価

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)
3.0
役所広司カッコいいな。仕事ができるのに、見栄っ張りが過ぎるところなど弱点もあり、近寄り難い雰囲気がない。ああいう上司になりたい。そして部下から慕われたい笑。

他にも様々なユニークキャラが登場し、どれもが豪華キャストだ。そしてオムニバス形式で目まぐるしく次々と語られる出来事が、大晦日の慌ただしい雰囲気とも重なって、どんどん意外な方向へ展開していく。

だからといって、散らかり過ぎることもなく、ラストにはそれぞれの物語がちゃんと腑に落ちる形でまとまっていくのは、もう見事というしかない。


ただそんな本作をみて思うのは、「すごいなー」とか「うまいなー」とかそんな技巧的な感想しかなく、心から感動したり震えたりするような作品ではなかった。『ラヂオの時間』も似たような形式のコメディではあるが、あっちは心からの興奮もあったので。

さすが三谷幸喜とは思うが、それ以上に抜きん出るものはなかったかな。
あくまで個人の感想だが。
とは言いつつ、安定した面白さがあるので、結構何回か見ている笑。

公開:2006年
監督:三谷幸喜
脚本:三谷幸喜
出演:役所広司、戸田恵子、香取慎吾、生瀬勝久、松たか子、唐沢寿明、佐藤浩市、篠原涼子、角野卓造、原田美枝子、オダギリジョー、YOU、麻生久美子、津川雅彦、西田敏行、伊東四朗