マネーボールの作品情報・感想・評価

マネーボール2011年製作の映画)

MONEYBALL

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.6

「マネーボール」に投稿された感想・評価

メジャーリーグの貧乏球団・オークランド・アスレチックスのビリー・ビーンGMが、独自の手法を用いて、プレーオフ常連の強豪チームを作り上げていく様子を描いた作品。

まず冒頭からの掴みがうまい。
運営、マネージメントしていく側からの視点は斬新で、退屈せず楽しめる。
すると途中から、これ実話なのかぁと気付き更に熱くなってしまった。
セイバーメトリクスという手法、個人的に日常生活からデータを取るということが堪らなく好きなので、終始おかしなテンションで釘付けになっていました。

ただ心の中では、野球はデータでするものではないという保守的な考えも半分残っているのも事実。
歴史的快挙という記録で証明されたセイバーメトリクスという分析手法は、この作品のおかげで私自身の記憶媒体に根強く残り、保守的な考え方とうまく渡り合えていけるのではないかと思います。
なんでこんな評価低いの!?って感じ

個人的にはとても良かったと思う
野球好きだからかなー?
ピーターのキャラ好き。笑

選手名が沢山出てきすぎて覚えられなかったのがちょっとキツかったな笑
masa

masaの感想・評価

4.0
記録用
amico

amicoの感想・評価

3.5
2019/6/16 No.60
野球好きにはたまらない
Ryo

Ryoの感想・評価

-
記録🇳🇿
ビリービーンというGMの挑戦心と人生観がひしひしと伝わってきました。
GMの人間的な弱さの部分や、感情的なシーンの一つ一つが彼の夢と信じる力のパワフルさを増幅していました。

アーロン・ソーキンの脚本が素晴らしかったです。野球だけじゃなくて、家族にもスポットライトが当たっていて良かった。細かいところになるけれど、太っちょ選手の例えが絶妙でした。
ソーシャルネットワーク、スティーブ・ジョブスでも脚本を書かれてました。どれも実際の人物の話ですが、家族や人となりを感じさせる物語を書くのがうまいっす。

ただ、突っ込むとするとアスレチックスが弱小アピールしすぎてた。事実とちょっとズレてたように感じた。というのも、前年地区優勝してるだけに普通にある程度の戦力はあったと思う。(一部戦力引き抜きあったが)

後は、ブラッドピットがかっこいい笑 彼の熱演が一番光ってました。
フィリップシーモアホフマン、ジョナヒル、クリスプラットと脇役もしっかり固まっていて、演技に見所満載でした。

ベネットミラーの演出も良かったです。野球シーンはちょっと下手なスイングもありましたけれど、臨場感のあるシーンに仕上がってました。
彼の映画では、カポーティ、フォックスキャッチャーを見ましたが、マネーボールが一番感動できました。

僕は、野球もMLBも大好きなので、"人は野球に夢を見る"というビリービーンの言葉が胸に刺さりましたし、たくさん感動できたと思います。
ただ、この映画はある男の挑戦と人生にフォーカスされていて、野球が分からなくてもきっと楽しめると思います。
ミッケ

ミッケの感想・評価

4.0
統計学やデータを基にした戦術が個人的に好きなので野球の事は詳しくありせんが凄く面白かったです‼︎
貧乏弱小チームがお金がある格上チームに勝っていくサクセスストーリーとしてもとても良かったです‼︎

周囲にに非難されても自身の理論を曲げない主人公カッコいいです。ラストの決断にはグッときました。
お金で人生の方向を決めてはダメですね💸
RyoOgawa

RyoOgawaの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

アメリカンドリーム。

ペーニャを放出した後の監督の采配、スカウト陣の反応とその後が気になった。

野球人ならかなり楽しめる作品。
>|