光一

学校の怪談の光一のレビュー・感想・評価

学校の怪談(1995年製作の映画)
3.3
日本を代表するジュニアホラー。子どもが免疫を付けるには丁度良い怖さで素晴らしい。用務員さんのバイオハザード感だけちょっと行き過ぎ笑?
 
でも、兄弟や友人と仲直りしたくなる感じとか、教育的に作られているのも二重丸だと思います。学校教育の問題をライトに(陰湿or触れないかの極端ではなく)描いてる感じも最近にはない傾向。
 
昭和チックな校舎にノスタルジーを感じるには最適な映画の一つだとも思います。
 
初見は8歳の時
 
ストーリー点3
監督点3
役者点3
映像音楽点3
印象点4
エモーショナル点4
追加点×
総合点3.3
 
 
ストーリー点…シナリオや舞台設定など。物語に魅力を感じたか

監督点…構成や演出などのセンス。不自然さを潰してリアリティを作れているか

役者点…俳優や女優の凄み、エキストラの質。キャスティングは適役だったか

映像音楽点…撮影や編集のクオリティー。グラフィックデザインや音楽は作品の世界観に寄り添えているか

印象点…作品として記憶に残るインパクトはあったか。個人的な好みはここに

エモーショナル点…笑えたかor泣けたか。感情の振り子を揺さぶられたか

追加点…同じ点数で並んだ他作品群よりも抜きん出ていると思えた場合は0.1~0.2点加算