ちょりそ

世界最速のインディアンのちょりそのレビュー・感想・評価

世界最速のインディアン(2005年製作の映画)
3.7
2011年09月08日

あらすじ: ニュージーランドで暮らすバート(アンソニー・ホプキンス)の夢は、伝説のバイク“インディアン”でライダーの聖地アメリカのボンヌヴィル塩平原で世界記録に挑戦すること。年金暮しの彼は倹約に励み、隣家の少年(アーロン・マーフィー)の協力も得て廃品を利用してバイクの改良を試みるが、なかなか渡航費まで手が届かない。


普段ダークな役ばっかり演じるアンソニーホプキンスには珍しいファンキーなじいさんだった

主人公の周りの人物が全員優しすぎる
見知らぬじいさんにそこまでするかと思うぐらい全員親切
モーテルであったおかまの子とか、大会会場で出会った二人のおっさんとか、大会出場を説得してくれたおっさんとか、一発やるかわりに泊めてくれたおばあさんとか、お金をカンパしてくれた大会会場のみんなとか
ほんと人に恵まれすぎ、羨ましい

ストーリーはなかなか良かったけどBGMの使いまわしがちょっと気になった