いめーじ

12モンキーズのいめーじのレビュー・感想・評価

12モンキーズ(1995年製作の映画)
4.7
パッケージのせいでロボットものかと思っていたが、人類の99%を殺したウイルスのワクチンを作るために過去に戻って原因を突き止めるってストーリーだった。
タイムトラベルというSF要素、細菌を撒いた犯人の特定というサスペンス要素とちょっとした恋愛要素もある。
ジェームズ(ブルース・ウィリス)の夢や何度も行き来する過去と未来の出来事が少しずつ繋がっていって最後に伏線が回収される作りはすごく観ごたえがあった。
精神病院のジェフリー(ブラピ)がおもしろすぎた。言ってることは地味に興味深いし、本当に病気なんじゃないかと疑ってしまう演技力。

時々「人間は滅びて当然」的な描写があるのは考えさせられる。そう云う映画は多いが、これは説得力がある。12モンキーズが最後にやったことも病院で観たテレビと繋がる。いろいろなメッセージが含まれているね。

130分が全然長くなかった。