mrかっちゃん

星を追う子どものmrかっちゃんのレビュー・感想・評価

星を追う子ども(2011年製作の映画)
3.0
新海誠監督作品4本連続レビューの最終回になりましたw

言の葉の庭や秒速5センチメートルのリアルな日常描写に定評がありずば抜けた作画力で美しい映像表現が魅力の新海誠作品ですが、今回はジブリオマージュ全開の作品になっていました。

世界観の作り込みや設定、キャラクターのビジュアルは「ジブリぺぇー」と思ってしまうほどのオマージュと完成度の高さを感じました。冒頭に登場するクマのバケモノのよだれの感じは「シシガミ様みたいだなー」と思いました。

ストーリーに関してはかなり言いたいことがありますw
第一に主人公の女の子が冒険に参加する理由が薄く、話の流れで付いてきた感があり感情移入し難いという致命的なミスをしています。
冒頭にシュンという男の子に会い
その子が大変なことになってその子の為に冒険をするのが主人公の女の子なのですが、冒険をするに至る動機付けもあまりない為、
なんだかなって感じですね!

あと、ストーリーはやりたいことは伝わってくるけども纏まりきれてない感じがあり惜しいところもあります。

アニメ作家として今回のファンタジー路線は向いていないのかなと思います。
ですが、日常を切り取った描写は素晴らしい才能を持った方だと思いますし、伸びしろはある方だと思います。
来年公開の新作映画に期待したいと思います!