星を追う子どもの作品情報・感想・評価

「星を追う子ども」に投稿された感想・評価

あすなの勇気と行動力に元気をもらえます。
Tocco

Toccoの感想・評価

4.2
すごいファンタジーの大作を見た感じ。見応えありました。でも舞台が日本の田舎なのか中世ヨーロッパなのかなんとなく読めないところもありました。それもファンタジーなのかな。
ま

まの感想・評価

2.5
記録
新海監督にしてはファンタジー要素が強め。
映画館で見たときは鳥肌もので、こうゆう作品もかけるのは素晴らしいと思った。
まい

まいの感想・評価

3.0
ラピュタ?ゲド戦記?ナウシカ?もののけ?千と千尋?なんだかとってもジブリっぽい!!
田舎で暮らす少女が地下世界ガラテアから来た少年と出会い、死に分かれ、彼との再会を果たすためガラテアにあるという”死者の門”を目指すファンタジー。新海誠らしい背景の美しさは相変わらず。ただストーリーはかなり一般向けになっていてわかりやすく、ぶっちゃけジブリを想起した人も多そう(とはいえ、現代を舞台にしてたり、ニッチな設定でこじつけ的にストーリーを動かす辺りは非常に「らしい」のだけど。『君の名は』の”誰彼時”みたいな)。新海さんもいろいろ試行錯誤してたんだなあ、と妙に勇気づけられた作品。こう考えると、やっぱり『君の名は』は設定、脚本ともにツイストがきいていて、ビッグバジェットでやるにはそういう工夫が必要なんだな、と認識を新たにした。同時に、二時間という尺にファンタジーを収めるには設定やキャラを描写の端々から印象づける手際が必要で、そこへ行くとやっぱり宮崎駿はすごいな、とも思った(笑)
Keengoo

Keengooの感想・評価

2.3
ラピュタともののけとナウシカ?
元ネタを当てる映画?
長い。そして全体的に既視感。
>|