独裁者の作品情報・感想・評価

「独裁者」に投稿された感想・評価

政治風刺と喜劇を見事に掛け合わせたチャップリンの最高傑作!
トメニア(ドイツ)の独裁者ヒンケル(ヒトラー)がオーストリッチ(オーストリア)に進駐するまでの過程を痛烈にこき下ろします。

初の完全トーキーということで言葉遊びには余念がないし、ブラームス「Hungarian Dance No.5」やコイン菓子など、とにかくすべてに於いて天才的コメディセンスを披露!
ここで重要なのは、やはりその製作時期でしょう。

本作の製作準備が始まったのはナチスがオーストリアを占領した1938年。
39年9月の第二次世界大戦前には既に製作を開始しており、この頃からユダヤ人のゲットー収容が行われます。
そして日独伊三国同盟から数週間後の1940年10月15日、本作はアメリカで初公開されました。
しかし1941年12月に日本が真珠湾を攻撃するまでアメリカは日和見な態度をとっており、国内ではドイツに加担する世論も少なくなかったと云います。

圧力や妨害にも決して屈さず、ナチス恐怖政治の実像を伝えたチャップリンはいかに明晰で勇敢な表現者であったか。
自らの資産と「サイレント」で培ったキャリアをすべて擲ち、ラストの演説に掛けた彼の想いは到底計り知れません。
真に迫ったスピーチは自然と涙が溢れ出る。

かつてジョン・レノンもベトナム戦争という逆境のアメリカで「愛と平和」の理想を掲げたように、
創造力と勇気で以て人々に理想の重要性を訴えたチャップリン。
幸福なる願いは、必ず人間を正しい道へ誘うのだと。

本作は正に「The Great Dictator 偉大なる独裁者」の名に相応しいタイトルであり、人類の尊厳を高らかに謳い上げた歴史的傑作です。

明日4月16日で生誕127年を迎えるチャールズ・チャップリンに捧ぐ
青山

青山の感想・評価

3.8

某有名独裁者をモロにモデルにした、チャップリン流社会風刺ムービーです。
これが1940年に作られてるのが凄いですね......。
でも重いテーマなのにユーモアを忘れずいつも通りギャグを全編に散りばめているのがまた凄いですね......。
また、独裁者、戦争をテーマにしたお話で社会的なメッセージ性の強い作品ですが、そのメッセージが今の私にも個人的なものとしてグッと来るのもまた凄いですね......。
結局、チャップリンの作品はどれも生きるということに暖かく寄り添ってくれるものばかりで、だからこそ今も古びずに見られているんだなぁと思うとほんと凄いですね......。
orion

orionの感想・評価

4.3
「神の王国は人間の中にある」
どんな人にも幸福を生み出す力があって、戦争に負けちゃいけない!戦争を起こしてはいけないということをチャーリーが教えてくれる。
散髪屋さんのシーンが好きやった
最後のスピーチのために作られたのかと思いきや、チャップリンの付け足しだったというから驚き。タイミングは戦争が激化する前だけど、何か結果を知っていたかのような内容になっているのも凄い
マサヤ

マサヤの感想・評価

4.5
チャップリンが独裁者とユダヤ人の床屋を一人二役で演じる。恐怖政治を批判した内容なのに終始可笑しくて涙が止まらない。地球型の風船をもてあそぶ独裁者ヒンケルが皮肉ながらも愛くるしい。現代にも響き渡る世紀のラストシーン。是非教科書に載せるべき。
Mona73

Mona73の感想・評価

3.0
あの時代にこの作品で戦ったんだなぁーと思うと本当に重みがある。
私たちが血迷いそうになったとき、チャップリンに立ち返るべし
いや、これは、ただただ良かった。面白いというより、印象に残る作品。
あまりにも有名な地球儀の風船をもてあそんでいるシーンと、最後のチャップリン本人のスピーチシーンは胸が熱くなります。まあ正直、ストーリー自体、あのメッセージを伝える為の伏線でしかないのでしょう。
あのメッセージ、温かみに溢れていて、人生で落ち込んだ時には勇気をもらえる映画だと思います。70年たった現代人でも感動させることが出来るというのは凄いし、多分いつまでも残る名作映画だとしか言いようがありません。
この映画はチャップリン初のトーキー映画とか、本人の人生に大きな影響を与えたり、逸話が数多くあるのも特徴で、ググれば驚くようなお話がたくさん出てきます。
>|