独裁者の作品情報・感想・評価

「独裁者」に投稿された感想・評価

政治風刺と喜劇を見事に掛け合わせたチャップリンの最高傑作!
トメニア(ドイツ)の独裁者ヒンケル(ヒトラー)がオーストリッチ(オーストリア)に進駐するまでの過程を痛烈にこき下ろします。

初の完全トーキーということで言葉遊びには余念がないし、ブラームス「Hungarian Dance No.5」やコイン菓子など、とにかくすべてに於いて天才的コメディセンスを披露!
ここで重要なのは、やはりその製作時期でしょう。

本作の製作準備が始まったのはナチスがオーストリアを占領した1938年。
39年9月の第二次世界大戦前には既に製作を開始しており、この頃からユダヤ人のゲットー収容が行われます。
そして日独伊三国同盟から数週間後の1940年10月15日、本作はアメリカで初公開されました。
しかし1941年12月に日本が真珠湾を攻撃するまでアメリカは日和見な態度をとっており、国内ではドイツに加担する世論も少なくなかったと云います。

圧力や妨害にも決して屈さず、ナチス恐怖政治の実像を伝えたチャップリンはいかに明晰で勇敢な表現者であったか。
自らの資産と「サイレント」で培ったキャリアをすべて擲ち、ラストの演説に掛けた彼の想いは到底計り知れません。
真に迫ったスピーチは自然と涙が溢れ出る。

かつてジョン・レノンもベトナム戦争という逆境のアメリカで「愛と平和」の理想を掲げたように、
創造力と勇気で以て人々に理想の重要性を訴えたチャップリン。
幸福なる願いは、必ず人間を正しい道へ誘うのだと。

本作は正に「The Great Dictator 偉大なる独裁者」の名に相応しいタイトルであり、人類の尊厳を高らかに謳い上げた歴史的傑作です。

明日4月16日で生誕127年を迎えるチャールズ・チャップリンに捧ぐ
ACTミニシアター
ずみ

ずみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

皮肉、ユーモア、風刺、、色々な面白さを兼ね備えた作品。しかし、最後の演説は歴史に残る見事な演説だわ
ラストの演説は映画の枠を超えてくる鳥肌もの
チャップリンの思想が素晴らしい
ken

kenの感想・評価

3.9
最後のスピーチまでは、ずっとドリフのコントみたいで(こっちが本家ですが)可笑しかったです。

最後のスピーチシーン、ずーんと来ました。チャップリン本人が本当に伝えたいことを本人として言ってるような。

世界には分け合えばみんなが幸せになれるのに充分な富がある、なのに奪い合うから戦争になるのだ。というような意味のセリフが1番心に残った。
ラストの演説シーンだけでも絶対に観て欲しい。
いや趣味映画鑑賞を自負している方なら避けては通れないです。
ボク自身もっとはやくに観ていなくてスイマセン….°(ಗдಗ。)°.

チャップリンは心底偉大な映画人であると再認識させられます。
映画を通して、敢然とヒトラーに立ち向かうのですから。当時勢いのある、あのヒトラーに。

ところどころコメディなんですが、やはりラストが凄過ぎて。
100年後も間違いなく歴史に名を残している作品でしょう。

どこぞの政治家もこの映画を観ろと言いたい。
誰かチャップリンのように痛烈な批判をする映画を作ってくれるカッコいい映画人はいませんかね(c" ತ,_ತ)

それにしても、まだまだ見逃してる映画あるんだろうな…。
やはり映画の世界は奥が深いです。
第一次世界対戦中、二人乗りの飛行機に乗るユダヤ人のチャップリンは、気を失った相方の危機一髪を助ける。実は彼はドイツ人将校だった。まるでナチスドイツを彷彿とさせる独裁国家のヒンケルと、ユダヤ人の小さな床屋の旦那を一人二役でチャップリンが演じる。自分の絵や彫刻を書かせる威厳たっぷりのヒンケルと優しい床屋の旦那の演技の分けっぷりがすごい。終われることになる床屋の旦那だが、一人二役だからこそのラストがなんとも感動的。ナチスドイツへの批判だけでなく、映画としても素晴らしい。
りな

りなの感想・評価

4.1
ヒゲ剃るシーンが好き
mei

meiの感想・評価

4.0
\ チャップリンの風刺コメディ!/

ヒトラーの独裁政治を批判した作品。
チャップリン初のトーキー映画らしいのですが、言葉なんてなくても面白さも風刺も十分に伝わってきます。

なんでトーキーなんだろう…と思ったらラスト6分間の演説で納得。このためのトーキーだったんですね!(´-`).。oO(無知って怖いネ。

ナチス初心者でもわかるこの作品の歴史的価値。あの演説の力の大きさ。ナチス政権で苦しんでいた人達のための演説ではなく、現代の格差社会に生きる私たちのための演説なのではないかと思ってしまう。

時代を超えた名演説が素晴らしすぎてその話ばかりになっちゃいそうなので一旦飲み込んで…( ̊ଳ ̊)ごっくん

本作もチャップリンのコミカルな演技にたくさん楽しませてもらいました!面白かった!!

特に“英雄”を決めるための銀貨のくだりはもう…もうダメ!こんなん笑っちゃうに決まってる!その少し後の屋根に逃げるシーンもニヤニヤが止まりませんでした。

あと記念写真での立ち位置や椅子の高さで争ったりとかマスタードのくだりも好きー!ほんとうにチャップリンってすごい。

映画を使って人々に訴えるという方法は素晴らしいけれど、面白くないと誰も観ないもんね。

人に希望を与えられる【映画】ってやっぱり素敵です。


--------
スコアを付けるか最後まで悩みましたが、勇気を出して付けました!!(無知すぎて評価の基準が分からない!)とりあえずのスコアなのでまた変える可能性大です。
>|