独裁者の作品情報・感想・評価

「独裁者」に投稿された感想・評価

政治風刺と喜劇を見事に掛け合わせたチャップリンの最高傑作!
トメニア(ドイツ)の独裁者ヒンケル(ヒトラー)がオーストリッチ(オーストリア)に進駐するまでの過程を痛烈にこき下ろします。

初の完全トーキーということで言葉遊びには余念がないし、ブラームス「Hungarian Dance No.5」やコイン菓子など、とにかくすべてに於いて天才的コメディセンスを披露!
ここで重要なのは、やはりその製作時期でしょう。

本作の製作準備が始まったのはナチスがオーストリアを占領した1938年。
39年9月の第二次世界大戦前には既に製作を開始しており、この頃からユダヤ人のゲットー収容が行われます。
そして日独伊三国同盟から数週間後の1940年10月15日、本作はアメリカで初公開されました。
しかし1941年12月に日本が真珠湾を攻撃するまでアメリカは日和見な態度をとっており、国内ではドイツに加担する世論も少なくなかったと云います。

圧力や妨害にも決して屈さず、ナチス恐怖政治の実像を伝えたチャップリンはいかに明晰で勇敢な表現者であったか。
自らの資産と「サイレント」で培ったキャリアをすべて擲ち、ラストの演説に掛けた彼の想いは到底計り知れません。
真に迫ったスピーチは自然と涙が溢れ出る。

かつてジョン・レノンもベトナム戦争という逆境のアメリカで「愛と平和」の理想を掲げたように、
創造力と勇気で以て人々に理想の重要性を訴えたチャップリン。
幸福なる願いは、必ず人間を正しい道へ誘うのだと。

本作は正に「The Great Dictator 偉大なる独裁者」の名に相応しいタイトルであり、人類の尊厳を高らかに謳い上げた歴史的傑作です。

明日4月16日で生誕127年を迎えるチャールズ・チャップリンに捧ぐ
nutaki

nutakiの感想・評価

4.6
チャップリン作品で真っ先に思い浮かべるのが『独裁者』でしょう。
ヒトラー(ヒンケル)を演じたチャップリンのあまりにも有名なラストの長い演説。
ヒトラーとナチスを批判した大胆な作品だ。
実際、当時ドイツと同盟を結んでいた日本では、この作品の上映は、1960年!
20年後だった。いくら何でも遅すぎる。
全く!情けないぜ。
製作は1940年、アメリカは第二次大戦もまだ参戦しておらず、平和でヒトラーもファシズムも関係なく暮らしている時代。
過去のことならともかく、ドイツではナチス政権が現在進行形の時代である。
しかも強制収容所は1942年頃からで、ホロコースト以前に作った作品とは恐れ入る。
チャップリン自身はホロコーストの存在を知らずに作ったという。

チャップリン初のトーキー映画は、チャップリンがよく喋るが、コミカルで楽しい動きや表情は健在だ。
喜劇と社会風刺とヒトラー批判までしちゃう。
チャップリンはトンデモナイ天才だ。

冒頭、第一次世界大戦の戦場のシーン。
命令に忠実ながら、ビクビクして失敗ばかりのチャーリー。
高射砲台の椅子が逆さになるシーンは笑った!
『街の灯』のボクシングシーンと似て、こういう単純な笑いに弱い私…。
バナナで滑って転んだり、そんな単純なことがやっぱり一番面白いものなんだね。
飛行機が逆さまのシーンも面白い。
撮影はどうやったのかな。

戦争から20年も経って、チャーリーは自分の床屋の店に戻るが、ヒンケルが支配するトメニアはユダヤ人を迫害していた。
ここでヒロインのハンナと出会う。
ハンナ役は『モダンタイムス』の浮浪少女で私生活でもパートナーのポーレット・ゴダード。
4年の間にすっかり大人の女性になった彼女は最初は分からなかった。
美しく気の強い女性。
ハンナという名前はチャップリンの亡くなった実母の名前らしい。
この作品に賭ける気合いがわかるようだ。

床屋のチャーリーがお客のツルハゲを鏡代わりにしたり、ヒゲそりの仕草、動きが面白い。
何てことないシーンでも笑いにしちゃう。
ヒンケルの方も、バクテリア国独裁者との漫才のようなやりとりや、落ち着きのない言動、そして風船のシーンと、どのシーンも鮮やかで面白い。

2時間という長さで、目まぐるしく場面も変わり、セリフも早口で、疲れて来るが、ラストの演説でぐっと締まって終わる。
作品の感動ももちろんだが、それ以上にチャップリンの映画人としての信念や覚悟を感じて、観ているこちらも高揚する。
そして、役者や監督であると同時に、チャップリンの人間としての器の大きさや勇気、温かな心を感じて、ますますチャップリンに惚れてしまうのだ。

この作品の後で、第44回アカデミー賞授賞式の80歳を過ぎたチャップリンを観た。何だろう?
もう、泣けて泣けて仕方なかった。
追放されて20年後にやっとアメリカの地を踏んで、会場がみんなスタンディングオベーションで。
良かったなあ。
そのうえ、隣にジャック・レモンだもの。
この2ショット、個人的にもう最高でした。
LEON

LEONの感想・評価

3.5
おそらく初チャップリン作品。
この作品のDVDを恩師である英語の先生が譲ってくださった。
チャップリンは前々から気になる俳優さんではあったがなかなか手をつけられず2年経過し今に至る。
しかし、見てみるととてもコミカル。思わずクスクスと笑ってしまうシーンがたくさん。
最後のスピーチにチャップリンがこの作品を通して伝えたいことが集約されている。戦争の悲惨さをこんなにもコミカルな作品にできてしまうのはすごいなと思う。
今戦争を後世にどう語り継ぐかが問題のひとつとして上がる。その上でこの作品はお笑い要素がありユダヤ人迫害など歴史的事実も描かれているから私たち世代にもとてもいい。
実際にあった悲惨さとこの作品の中の悲惨さでは雲泥の違いがあるのかもしれないけど、最後のスピーチは心にグッと来るものがあるし、大切なメッセージは伝わる気がする。
終盤の入れ替わりは唐突だし、ラストの有名な演説は明らかに全体の流れから浮いてて、一本の映画としてはかなり歪で不自然なんだけど、それでもまさにあの時その瞬間にあれを言わずにはいられなかったその想い、勇気にはやはり感動してしまう。今観て一本の映画として点数つけるもんではないと思うので点数はなしで。
最後の演説、とにかくこれに尽きる
なんて言っても、ラストの演説。チャップリンの"hope"。100年経っても衰えることのない強さがある。

1940年の映画であることがヤバい。笑
Woody

Woodyの感想・評価

-

演説、内容はもちろんだけれど、最終的にただ1人の愛する人に向けて語っているところにグッときた。
Narumi

Narumiの感想・評価

4.0
1回は観るべき映画だなと思いました
最後の演説、ズシっときた。
色んなレビューを観て、『独裁者』はこの演説の為に作った映画だという情報を知り、再生しなおす。この映画はチャップリンぽくないらしいけど、別の映画ももっと観たいなと‼️
これを1940年に堂々と世に送り出すチャップリン。
素晴らしい演説が有名とは聞いていましたが、圧巻でした。
やえこ

やえこの感想・評価

4.5
これを1940年に世に出したチャップリンの偉大さは永遠に語り継がれるべきだと思います
(若干脚本に違和感があるものの)
>|