独裁者の作品情報・感想・評価

「独裁者」に投稿された感想・評価

政治風刺と喜劇を見事に掛け合わせたチャップリンの最高傑作!
トメニア(ドイツ)の独裁者ヒンケル(ヒトラー)がオーストリッチ(オーストリア)に進駐するまでの過程を痛烈にこき下ろします。

初の完全トーキーということで言葉遊びには余念がないし、ブラームス「Hungarian Dance No.5」やコイン菓子など、とにかくすべてに於いて天才的コメディセンスを披露!
ここで重要なのは、やはりその製作時期でしょう。

本作の製作準備が始まったのはナチスがオーストリアを占領した1938年。
39年9月の第二次世界大戦前には既に製作を開始しており、この頃からユダヤ人のゲットー収容が行われます。
そして日独伊三国同盟から数週間後の1940年10月15日、本作はアメリカで初公開されました。
しかし1941年12月に日本が真珠湾を攻撃するまでアメリカは日和見な態度をとっており、国内ではドイツに加担する世論も少なくなかったと云います。

圧力や妨害にも決して屈さず、ナチス恐怖政治の実像を伝えたチャップリンはいかに明晰で勇敢な表現者であったか。
自らの資産と「サイレント」で培ったキャリアをすべて擲ち、ラストの演説に掛けた彼の想いは到底計り知れません。
真に迫ったスピーチは自然と涙が溢れ出る。

かつてジョン・レノンもベトナム戦争という逆境のアメリカで「愛と平和」の理想を掲げたように、
創造力と勇気で以て人々に理想の重要性を訴えたチャップリン。
幸福なる願いは、必ず人間を正しい道へ誘うのだと。

本作は正に「The Great Dictator 偉大なる独裁者」の名に相応しいタイトルであり、人類の尊厳を高らかに謳い上げた歴史的傑作です。

明日4月16日で生誕127年を迎えるチャールズ・チャップリンに捧ぐ
チャップリンの作品としても、40年代のコメディとしても初鑑賞だったので、色々と新鮮に感じられた。本作では、チャップリンは一人二役を担っており、床屋と独裁者ヒンケルを演じる。床屋の軸では、僅かに恋愛も描かれる。

WWⅠを描いた序盤は単純に笑えた。大砲が全然飛ばずにポトリと落っこちるくだりとか、フラフラのシュルツと一緒に飛行機で祖国に戻るくだりとか。

その後独裁者ヒンケルが出てくる。演説の様子は面白かったが(咳き込むのが印象的)、身ぶり手振りや話し方が、なかなかどうしてヒットラーに劣らぬ仕上がりで、感心させられた。コミカルな行動をしないで真剣にやれば、ヒットラーの演説をかなり正確にトレースできるのではないだろうか。

細かいところでは、ナチスのゲッベルスにあたる人物がガービッジ(ゴミ)という名前だったことや、ゲーリングにあたる軍人とのやりとり(ドジをしてヒンケルに怒られる)が面白かった。

最後に書くべきなのは、何といっても、ラストの演説だろう。収容所をシュルツと共に脱走した後、ヒンケルに間違えられた床屋は、状況的に仕方なく演説をする。ここにチャップリンの主張が込められているのだろう。演説では、相互扶助、民主主義、自由主義、愛、人間讃歌が語られる。演説後に、愛するハンナに優しく語りかけるシーンも感動的な仕上がりである。
Minami

Minamiの感想・評価

4.0
最後の名スピーチに胸アツ!!
チャップリンズソウルが一番感じられる作品かも
ピナコ

ピナコの感想・評価

4.5
平成もラストの年になりました。
平和を願いこの映画とします。

"戦争"と調べると世界では今でもどこかで争いが起きていることに少し驚きがある。

こんな悲惨な経験を生かせずに何故人間は争うのか?


チャップリンとヒットラーは誕生日が4日しか違わない!

私は誕生日が一緒とか干支とか血液型が一緒と聞くとなぜか親近感が出てその人に興味が沸く。

チャップリンもそんな思いがあったのではないでしょうか?
良い人であって欲しいと願っていたのではないのか?
耳に入ってくる噂はとんでもないもの!
怒りがこみ上げてきたのではないのでしょうか?

そしてこの映画
もしかしてチャップリン自身も少し似ていると思ったのではないでしょうか…
それはヒットラーにも同じ思いがあったかも。
そっくりな二人。
でも全く違う二人。

チャップリンは
サイレントをこよなく愛し言葉はなくとも気持ちや愛情は伝わると思っていたはず
でも今回は言いたいことがある。
全世界に伝えたいことがある。
間違ってとられては困るから
自分の口からハッキリと言いたい❗️

有名な演説スピーチがある。
ぜひ皆さんにも観ていただきたい。

だだ家族と小さくも幸せな家庭で暮らしたい!そんな願いのみ。


政治は上に立つ人による。
政治家の小さなプライドに国民は翻弄させられる。
また側近の影響も大きいはず
私利私欲にまみれた側近ばかりだったのだろう。

広く聞く耳を持つリーダーを希望する。


でもこのあとチャップリンは"アメリカを追放"される。


当時チャップリンの事実婚であったハンナ役のポーレット・ゴダードは先日観た『風と共に去りぬ』でスカーレット・オハラの最有力候補でした。
RAYAY

RAYAYの感想・評価

5.0
名作過ぎて、どう表現すればいいのか悩んでしまう。
子どもの頃には初めてモノクロ、サイレント、画質も今よりはるかに悪い映像を観て(辛気臭くてつまらない)と思っていたのにしばらくするとチャップリンから目が離せない!

短編喜劇をいくつか観た後に、チャップリンの長編映画が放送されて喜劇だと思っていたら、最後のスピーチ。

映画の中の人がこんな本気で主張するなんて!もう演技じゃない!
それが日本で字幕付きで放送されている!
全てが初めてで衝撃!

このスピーチが原因かもしれないけれど国外退去になったチャップリン。

すべてを捨てでも言わなければならなかった背景を思うと胸が苦しくなります。
アル

アルの感想・評価

5.0
映画という名の教科書
チャップリンは大好きな作品が沢山ありますがその一つ。

30分に2回は大笑いできてメッセージ性も強い 有名なスピーチだけではなくそこまでの話も面白い

テンポよく演技力も素晴らしい。文句なし!
チャップリンとヒトラー。
二人は因縁だったのかもしれない。
僅か4日違いで生まれ(チャップリン1889年4月16日生、ヒトラー1889年4月20日生)、小柄な体格、独創性…。
映画界で成功をおさめた喜劇王に対し、画家を目指すも挫折し道を狂わせた独裁者。
時は第二次世界大戦初期ドイツの侵攻、撮影中には脅迫が絶えなかったと言われる。
無声にこだわればあの演説もなかろう。
初のトーキーにしてあの演説はまさに命を懸けて独裁者に挑んだ喜劇王のケジメのようだ。
命とトレードマークの山高帽・ドタ靴・ステッキ姿を懸けて…。
そのスタイル最後の作品でもある。

178/178/2018
チャップリンの中では1番シリアスというか、メッセージ性が強過ぎというか、あまり笑えなかったし見ててそんな面白くなかった。が、ラストの演説は確かに見ておくべきシーンって感じで胸にきて良かった。
ただ映画の面白さだと他の単純に楽しくほろりとくる方が好き。
鑑賞記録
なま

なまの感想・評価

3.8
メッセージ性が強い。特に最後のスピーチはとても胸打たれました。40年代とは思えぬコメディセンスの良さに脱帽します。個人的にハンガリー舞曲に合わせて髭剃りするシーンが好きです。あの頃から音ハメはあったんですね凄い。
>|