カトリナ

新・男はつらいよのカトリナのレビュー・感想・評価

新・男はつらいよ(1970年製作の映画)
3.6
寅さん、おいちゃんおばちゃんとハワイへ行く!?

競馬で大穴を当て名古屋からタクシーで望郷の念と共にとらやへ帰ってくる寅さん。冒頭エピソードからドタバタ激しめ笑!

渥美清を山田洋次に紹介したのは小林俊一でいわば男はつらいよの生みの親でもある。マドンナパートより重きを置くような前半のハワイ騒動は小林監督のTV版(S43-S44!)でも描かれているらしくTVファン(貴重!)の方には嬉しい一本なのでは。それにしてもTVドラマ版では最終回で寅さんがハブに噛まれて死ぬ…というラスト小林監督も凄い最終回を用意したもんだ。それで抗議が殺到して映画化に…という事なので結果オーライなのかしら^ ^

マドンナと寅さんのボートデートを盛り上げるタコ社長のとこの平社員達、マドンナを笑わせるのに成功したと大喜びするおいちゃんと寅さんの掛け合いが微笑ましい。でもやっぱりメインはハワイ騒動でしたな!

驚き桃の木山椒の木ブリキに狸に蓄音機!

◉4◉愛知◉マドンナ:宇佐美春子(栗原小巻)◉ライバル:存在感薄い◉季節:早春◉監督:小林俊一◉マドンナはとらやに下宿する幼稚園の先生、父親との関係に訳ありげ(あっさり)な快活お嬢さん。