新・男はつらいよの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「新・男はつらいよ」に投稿された感想・評価

最近、すっかりサボっていた「寅さんマラソン」、再開しました。
今回は、第4作「新 男はつらいよ」。

競馬で大儲けした寅さん、当時(1970年頃)の100万円を奮発して、おいちゃん・おばちゃんをハワイ旅行に連れていくことに。
ところが、出発の朝に、旅行会社が代金を持ち逃げしたことが判明。(そんなことあるのか!?)
メンツ重視の寅さん、旅行に行ったフリして、おいちゃんたちと共に「くるま屋」で数日静かに居留守することに。
しかし、そこに泥棒(財津一郎!)が入って大騒動。結局、ご近所にバレる。
まるで、ドリフのコントを見ているようで、妙に懐かしい。このくだりが、映画の前半を占めます!

親切心がかえって「ありがた迷惑」ってなことで、おいちゃんと喧嘩した寅さんは、反省の旅に出たけど、1ヵ月後にはちゃっかり柴又に帰ってきます。

このとき、素直に「ただいま」と言えずに、「とら屋」の前を行ったり来たりする、という、後にシリーズ恒例の笑い場面、おそらく本作から始まったと思います。

後半、寅さんが留守の間にとら屋に下宿していた幼稚園の先生、春子さん(今回のマドンナ、栗原小巻)にすっかり一目惚れの寅さん。
浮き足立って、アホ全開です。

結局、春子先生にはごく普通に恋人がいた、ということで寅さん失恋。
傷心の旅に出る寅さんが、寝たふりしているおいちゃん・おばちゃんの背中に向かって、我が身の愚かさを語るシーンに、少しばかりの哀愁を感じます。

この頃の寅さん、今だったら、「空気読めない」「コミュ障」と言われそうなくらい破天荒&能天気っぷりだけど、一方でストレスは全くなさそうで自由な生き方を謳歌しているよう。うらやましい。やっぱり寅さんは元気で多少バカなほうが見ていて面白いです!
あと、春子先生の顔がたまに橋本マナミに似ているときがあって、よろしかったです。

「寅さんマラソン」次回に続く。
寅さん4作め。天才喜劇役者 渥美清をこの世に送り出し、山田洋次監督と渥美清を引き合わせた、『男はつらいよ』の生みの親、大プロデューサー小林俊一氏が監督した唯一の作品。

「山田洋次よ、これが寅さんだ!」とでも言いたげな、全てにおいてド迫力の、そして後に続くシリーズの指標となるべき作品。何かが違う。タコ社長も、おいちゃんも、おばちゃんも、町の住民たちも動きがよく、喜怒哀楽の迫力が違っている!

おいちゃんの、「バカだね、あいつはホントにバカだね」と「おりゃ、もう知らねえよ」が、もうそれだけで小気味いいほど面白い。こんなにおいちゃんがオモシロイとは。(^○^)

財津一郎と渥美清の掛け合いはもう神業。馬券騒動からハワイ、財津一郎登場あたりまでがノンストップの爆笑劇。

ネタがいっぱいつまっているような映画で、それらが絶妙の間で構成されている。周りの人々の寅さんに対する気の使い方が可笑しくてたまらない。寅さんが「とらや」に入るときなんて、実にいい。(笑)

難を言えば、脇役陣が良すぎて、マドンナ栗原小巻があまり印象に残らない。でも下宿代のくだりはよかった。爆笑。

マドンナとボートをこぐときの寅さんの表情や動きって、『殺人狂時代』のチャップリンにそっくりだな。

一つひとつのカットも、重要な瞬間は、わざと別のものを映して想像させたりと、最初から最後までニクいほどよくできていた。脱帽。

星野哲郎に作詞を依頼したり、この人がいなければ、あの歌も無かったんだと思うと、本当に有難い。小林俊一さま、「寅さん」をありがとう。m(__)m
GACKT

GACKTの感想・評価

3.6
48/48 全て見終えた

最後に山田洋次監督作でない二作のうち一作、寅さんのあたたかさにどことなく違いを感じた
shinnaoki

shinnaokiの感想・評価

3.5
育ててくれたおいちゃんおばちゃんを想う寅さん、うまくいかず喧嘩。その普遍的な良さ。
ハワイ旅行のエピソードが可笑しくての好編。栗原小巻の美しさには驚かされるが、彼女絡みの話自体は意外に膨らみ薄かったり、さくらがあまり出てこなかったり、注文つけるところはあるのだが、常連登場人物見てるだけで楽しいわな。‬
Yoshiharu

Yoshiharuの感想・評価

3.0
男はつらいよ
ほとり

ほとりの感想・評価

4.0
きっと生涯好きな作品になる
おばちゃんのよそ行きワンピースがかわいかった