CHEBUNBUN

ナサリンのCHEBUNBUNのレビュー・感想・評価

ナサリン(1958年製作の映画)
3.5
【敬虔は辛いよ】
『田舎司祭の日記』『悪魔の陽の下に』に並ぶ、「敬虔過ぎて人生ハードモード系映画」の代表作。ルイス・ブニュエルの意地悪さが全開となっている。

巡礼の神父に待ち受ける災難がハードだ。人生の淵に立つ女に手を差し伸べたら、放火魔に化ける。奇蹟と医学の分別がついており、祈りだけで人々が救われる訳ではないことを知っている故、村人から病気の子を奇蹟で救い給えと言い寄られる。挙げ句の果てにムショにぶち込まれ、「お前は異端者だ」と投げ捨てられる。

ブニュエルにとって、宗教はデタラメなものだということが強烈に分かる。敬虔であろうとすると、周りとの軋轢を生む。他者が信じている宗教は結局表面的なものだということを物語る。しかし、ブニュエルはひと匙の敬虔さは人生に希望を与えるとも語っている。

本作はピリッと辛い普遍的皮肉が込められており、今観ても面白い作品だ。