ピノッキオの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「ピノッキオ」に投稿された感想・評価

0823

0823の感想・評価

2.0
ピノキオを子役じゃなくて大人が演じてるってところがなかなか飲み込めなくて、最初から最後まで違和感を感じながら観賞。ちょっと残酷な場面がちらほらとありそれもびっくりしたけど、見終わってみたらなかなか面白かったなという感じ。
ピノッキオのおじさん化が、気になって気になって。
なんだか、悲しくなった。
この断続的なハイテンションは、今ひとつ受け入れがたい。吹き替えがユースケ・サンタマリアと島本須美だから、ギリギリ許せた。(笑)
操り人形から人間になること、子どもから大人になることは、世界共通の通過儀礼なのかな。最後の青い蝶がそれだけじゃないと示しているようで、ほっとする。(^o^)
キノッピオ一回医者に診てもらった方が良い。
ミュンヒハウゼン症と多動症の疑いが…。
突飛すぎて逆におもろいわ。
ピノキオ役の男の人が、男の子っていうよりただのおじさんで気味悪かった…
ディズニーのピノキオ大好きやのに、実写化するならもっとちゃんとして欲しい!!
23

23の感想・評価

3.2
まず、産まれたてがベニーニという設定がすごい。

ベニーニのこーゆー演技は最強。
だが、少し期待ハズれ。

ラストはちとよい。
tomoka

tomokaの感想・評価

2.0
あんまり面白くなかったし、ロベルトベニーニのピノキオ役が少年ではなくただのおじさんにしか見えない。悲しい。
かく

かくの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます


おじさん、、笑
すごく気持ち悪い。
子どもが出てこなくて、
大人が子供の役やってる。
最低主演男優賞も納得。
ただ、綺麗だったし、
物語も悪くないし、
妖精さん可愛いかった。
ユースケサンタマリアの声もぴったり。
そして、久しぶりに、
永井さんのばっかもーんが聞けて、
ちょっとだけ嬉しかった。

誰が人間で誰が人形で、
誰が大人で誰が子供で、
誰が動物なのか、
ごっちゃごちゃでわからなかったけど、
ロバはロバだったのが面白かった。

コオロギがウンパルンパみたい。
Soma

Somaの感想・評価

3.6
アルレッキーノやった笑笑
オズの魔法使いの映画に雰囲気が似てた
「一晩で大金持ち。なんて言う者を信じるな。」

イタリアのロベルト・ベニーニが監督、脚本、主演を務めている映画です。

主人公ピノキオは、おじさんです(笑)案内役のコオロギも、いい大人のおじさんです。

ピノキオは、白く顔を塗り白い帽子に白いツナギ?で、まるでピエロの扮装です。

色彩は、綺麗で鮮やかでした。なんだかイタリアらしいピノキオに感じます。

映画というより、舞台のような大袈裟な身振り手振りに、はっきりした台詞。
おじさんなのに、騒がしいピノキオです。

セリフは素敵でした。
ピノキオの純真な心が、物事の本質を指すように思わせてくれます。

シュールで大人なピノキオ映画ですが、演じるのがおじさんで周囲も大人ですし、ピノキオが人形らしくなく生身の人間に思える個性的なピノキオなので、好き嫌いの分かれる映画だと思います。

…伸びる鼻はポッキーのように細く、ちょっと不気味でした。

「ひどいよ。僕の鼻を見て。
こんなに伸びちゃったよ。」