男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎の作品情報・感想・評価

「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎」に投稿された感想・評価

シリーズ第27作目。

もっとも美しかった頃の松坂慶子をマドンナに迎え、瀬戸内と大阪を舞台にえがかれるせつないものがたり。

いつもは振られる寅が、みずから尻込みして恋を終わらせるいくつかの例外のうちのひとつだが、それがまた心地よい余韻を残す。
備忘録

今作から満男が吉岡秀隆さんに変更
寅さんの関西弁
男はつらいよシリーズ27作目。
マドンナは松坂慶子。
今回は早めに観たいと思っていたシリーズ27作目でした。日本語大丈夫かな?
キャストを先に見ていたので。何故なら、満男役にようやく吉岡秀隆抜擢だったから。これは非常に楽しみでした。
出番も台詞もまだまだ少なかったですが、あどけない子役の頃の吉岡秀隆が早速観れてよかったです。
さてさて、今回はマドンナ役の松坂慶子がめちゃくちゃ綺麗だったのと、ストーリーもワチャワチャした感じでなくて、寂しさ切なさが多く、しんみりした内容でした。
いつもはヤンチャな寅さんが、今回ばかりは大人な対応もしていて、しっかりした感じでした。特にふみちゃん(マドンナ)の弟の訃報を聞かされた時の対応は素晴らしかった。
最後のふみちゃんがとらやに来たのは、あれはちょっとないわ~って、寅さんの気持ちを考えると辛かったなぁ。
切なくてツラいシーンが多かったけど、私的には好きな回でした。
大阪新世界に石切神社や生駒山のケーブルカー。懐かしいな。子供の頃生駒山の山登りをしてケーブルカーに乗ったなあ。マドンナは松坂慶子。かわいいなあ。弟の話はしんみりしていい話だった。再開するときの寅さんの露店で売っていた商品が水中花だったのは、監督の遊び心かな。満男がこの回から吉岡秀隆になっていた。
武士の娘です‼️
あんな思わせ振りな行動しといて、いきなり結婚はないでしょ。奥手すぎる寅さんがいけないっちゃいけないけど。まぁ、松坂慶子がきれいだったから、許す。
チェケ

チェケの感想・評価

4.5
山田洋次作品なのでコテコテの関西喜劇ではなく、あくまでも関西風味関東喜劇といった感じだが、ついに大阪が舞台になっただけでとてもうれしい。芦屋雁之助は所作だけで魅せるのが絶品だし松鶴は一言のセリフだけでとてつもなく笑える。渥美清を前に関西芸人の底力を見せてくれた。
ai

aiの感想・評価

3.8
なんだかんだ辛い時に付き合ってくれる寅さんは優しい。
松坂慶子がとても綺麗で色っぽい。
>|