水のまち

休憩3Dの水のまちのレビュー・感想・評価

休憩3D(2003年製作の映画)
-
『メランコリックな宇宙 ドン・ハーツフェルト作品集』を順に観ていくと、「ビリーの風船」「リジェクテッド」2作品で既にハーツフェルトの宇宙に解き放たれ、フワフワとしている。そこに来て、「休憩3D」と、やさしそうなタイトル。

Welcom to と、油断は禁物。超ディメンション!!
創造性の高みをめざし、3Dメガネをかけ、サイケデリック。シタールの悟りも超えて、虫にたかられるまでの、最高の虹の世界。アニメーションの3Dへのアプローチが、哲学的でありながらも、愛くるしい、“カワイイ”の中毒性。