カトリナ

プラトーンのカトリナのレビュー・感想・評価

プラトーン(1986年製作の映画)
3.8
「理性が通じない所…まさにここが地獄だ」当時の監督の心境だ。そして生き残る前に死んでしまう。

2週間不眠不休風呂なし空腹でジャングルで訓練した俳優達の顔つきとこれが最前線なのだな?という臨場加減ジャングルの空気。監督(脚本)の体験を踏まえた戦争という名の下の無差別殺人や強姦。張り詰めた緊張感の中での善と悪を登場人物に擬えて。経験も知識も浅い新兵は大勢の中に埋れ自分を見失い混乱する。自分の中にも天使と悪魔がいる。心の中に敵がいる。