プラトーンの作品情報・感想・評価

プラトーン1986年製作の映画)

PLATOON

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

「プラトーン」に投稿された感想・評価

Ryo

Ryoの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

名作
憎い軍曹をやっつける
パッケージのシーンは作品観るまで歓喜しているシーンだと思ってました。
まさか、あんなシーンだったとは
村のシーンは目を背けたくなるが、戦争が行われてる場所では現実にありうることだと思うと目をそらしてはいけないと思い視聴した。
ZOMBIETIME

ZOMBIETIMEの感想・評価

4.0
エリアスとバーンズの対立もさることながらウォルフ中尉に戦争の深刻さが伺えた
moya

moyaの感想・評価

-
パッケージが有名だから見てみたけどそんなシーンだったとは思ってもみなかった。
山路さん声当てる人間違えてますよ。
Katsura68

Katsura68の感想・評価

3.5
テレビ放送で視聴。20年ぶりぐらいで2度目の視聴だと思うが、数年前にベトナムを訪問し、戦地や博物館を見た後なのでまた新たな目で見ることができた。オリバーストーン作品によくある社会への問いかけ的なテーマが色濃く感じられるものの、戦地の描写のリアルさなどは他の作品と比べても一級だと思う。
DT

DTの感想・評価

4.0
プラトーンの有名なポスターだけ知ってて見たことなかったけど、午後ローで放送してたのを観た


オリバーストーン監督が実際に体験したベトナム戦争の話。生々しくて残酷だった。戦いのシーンよりも村でのシーンが生々しくてキツかったな…村の人を米兵が楽しそうに撲殺したり強姦したり…

戦争ホントいや…
残虐なバーンズに胸糞だったけど、
そのバーンズが言う「正義なんかない。生きるか死ぬかだ」「俺が現実だ」に納得してしまった。あの厳しい環境じゃみんなおかしくなるよな…

火垂るの墓は、戦争中に生きた日本人のリアルさがキツくて(主人公が子供ってのもまた辛すぎる)
プライベート・ライアンは、戦争中のリアルな戦い描写が印象的で怖くて残酷で…
今回のプラトーンは、↑にも書いたけど戦いの生々しさよりも戦争中の人の残虐性が怖かった


役者陣がまた豪華で
有名なポスターのポーズの人はウィレム・デフォーだったんだね!(スパイダーマンのゴブリン役で知ってる)エリアスかっこよかった。
フォレスト・ウィテカーもいたり、ほんのちょい役で若かりしジョニー・デップもいたり(名前出てなかったら気付かないレベル)


戦争なんて二度と起きて欲しくない
ずっと平和であれ
さゃ

さゃの感想・評価

4.2
記憶に残っている回数でいうと、2度目の観賞でした。人を殺したことがない人が人を殺さなければならない。犯罪者養成所に適応しなければ、生き残れない。
心が殺されていく。それが戦争だ。冒頭の光の描写が個人的には好きです。
あっ

あっの感想・評価

-
過去鑑賞
>|