プラトーンの作品情報・感想・評価

プラトーン1986年製作の映画)

PLATOON

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

「プラトーン」に投稿された感想・評価

傑作戦争映画
つよ

つよの感想・評価

3.5
観たきっかけは、このジャケットのシーンはいつ出てくるのか。
ベトナム戦争の過酷な最前線をチャーリー・シーン目線で。
オリバー・ストーン監督の実体験から作られたとか。
Maria

Mariaの感想・評価

3.5
ソンミ村の虐殺がトラウマもの。
戦争のリアルさの追求という意味では素晴らしい作品なのだろうけども、一作品としてあまり面白みは感じず…。
若い時に観て衝撃的だったなぁ
GIN

GINの感想・評価

3.9
ベトナム戦争を題材にしたアカデミー賞受賞作品。
監督はオリバー・ストーン!
自らの実体験をもとに作られた映画だ。
監督自身も出演していたような気がする(それっぽい人を見かけたぞ!)

いやー、改めて観ると、俳優陣の凄さに驚かされる。
主人公にはチャーリー・シーン、小隊の上官にトム・ベレンジャーとウィレム・デフォー、兵士仲間にフォレスト・ウィテカー、それに若き日のジョニー・デップなど‥
ジョニー・デップは、なんか通訳官の役をやっていたけど、ほとんど印象に残らなかったな~( -ω-)
ベトナム戦争なんて、自分が生まれてくるずっと前の話だけど、この頃までは『アメリカ=正義』だった訳で、メディア報道をきっかけにして、大義名分を掲げても正義も何もないって事が世界に伝わっていったことを考えると、この映画が伝えようとしていること、その存在理由も大きいと思う。
生きるか死ぬかという異常な世界で、疑心暗鬼やら憎悪やらが、アメリカの兵士達を蝕んでいく。
エリアスとバーンズ軍曹の対照的な二人の存在の対立と結末。
映画のポスターにもなったシーンがやはり印象的だ。
戦争を語るなら一度は見ておくべき作品なのだろう。

ちなみに自分が好きな戦争映画は『ブラックホーク・ダウン』とか『ハート・ロッカー』なんですけどね。
「踊れーっ!!」

Platoonの一歩兵が経験したベトナム戦争。
雨の森の中で眠り、目の前で仲間が殺され、軍人ではない無抵抗な村人の命への優位性。
こんな場所にいたら正気を保てなくなるというのが伝わってくる。
ポスターに使われた場面など、印象に残るシーンやセリフも多かった。
脇役のジョニデやウィテカーの、今との扱いの違いも面白い。
ミズキ

ミズキの感想・評価

4.3
戦争の悲惨さを見せるならこれが1番の作品になるのかな.…
何が正しいのか何が悪いのか。
人間として生きるとは何か、、。
この映画は決して英雄劇ではない。
marm25

marm25の感想・評価

3.0
戦争ものの映画は辛いし苦しいし悲しくなるから避けてました。家族が見ていても部屋から出るくらい。でも午後ローでやっていたので意を決して見ましたが、やっぱり辛い。
ベトナム戦争の話を米兵側から描いた作品。こんなところでこんな苦しい状況でいたら…
>|