tjZero

川の底からこんにちはのtjZeroのレビュー・感想・評価

川の底からこんにちは(2009年製作の映画)
4.5
予想よりはるかに面白かった。堪能しました。観た人はそんなに多くはないと思うけど、是非!

とにかく、出ている役者さんたちの芝居を見ているだけで楽しい。老いも若きも、子役までみんないい演技。
だから、キャメラを長回ししているシーンがみんな素晴らしい。ダメな映画の長回しは観ている方が恥ずかしくなったり、いたたまれなくなったりするけど、本作は全く逆。ミュージシャンがお気に入りの曲をライヴで長い時間演奏してくれている時の様に、「もっとやってくれ!」っていう心地よい体験になっている。

石井裕也監督って、深夜でやってる(オダギリジョー主演の)ドラマも評判いいみたいだけど、それも納得の演出ぶり。カット割る時の絶妙のリズムとか、前述したような俳優への芝居のつけ方とか、ホントにほれぼれする。

特に絶品なのが、やっぱり主演の満島ひかり。「しょうがない」が口ぐせの覇気のないOLが、「どうしようもないんだから、頑張るしかないっしょ」とドラマティックに変貌していく様を説得力バッチリで体現。
劇中の父親役が「アイツって、カッコいいよな~」とつぶやく場面があるけど、観客が彼女に対して持つ感想はまさにそれ。クライマックスの啖呵切るシーンなんて、爽快&痛快マックス。

こんなにいい芝居を引き出した石井監督と彼女が今では夫婦…というのはちょっとコンチキショーだけど、これだけいい作品を作り上げてくれたのだからまあ許す(←何様?)。