マイレージ、マイライフの作品情報・感想・評価

マイレージ、マイライフ2009年製作の映画)

UP IN THE AIR

製作国:

上映時間:109分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「マイレージ、マイライフ」に投稿された感想・評価

erina

erinaの感想・評価

3.5
必要最低限のもの以外は全て捨てて身軽に生きることが、ライアンの哲学であった。
家族や恋人の繋がりには極めて敏感であるナタリー、徐々に惹かれていったアレックス、2人の女性の登場により彼は次第に変わっていく。
しかし、アレックスからあっさり「リストラ宣告」されると、ライアンは今まで貯めたマイルを全て妹夫婦に譲る。人はなにかを失ったとき、人との関わりを求めてしまうようだ。
身軽な生き方をしていた彼もまた、空っぽのスーツケースでは生きてはいけないのだ。
飛行機で降り立つ国を常に俯瞰的にカメラは捉えていたが、ラストの雲の上を進む数秒間の静寂は、ライアンの未来への足取りを投影しているかのようだ。
えり

えりの感想・評価

3.0
過去録
何にも縛られたくない
重荷を背負いたくない
自分の好きなことだけしていたい
人との深い関わりを必要としない

なんとなく、今の自分と重なる部分が多くて考えさせられることが多かった


具体的な目標を持たないこと
高望みしすぎないことはとても楽だけど
そのぶん、何をしても満足感を得られない

過程や経過だけが楽しくて
ある地点を過ぎると
何のためにここまで来たのかがわからない

この映画は
そういうことを
否定も肯定もしていない

人にはそれぞれの生き方があって
その中からゆっくりと
時間をかけて
自分とは何なのかを理解する

そのためには、
自分の殻に閉じこもらず
たくさんの人と関わりを持ち
会話し、わかり合おうとする
その姿勢は必要不可欠なんじゃないか
SUPERTIGER

SUPERTIGERの感想・評価

5.0
大切な何かに

気付かない方がいい場合もある。


本当に大切なこととは???
『幸せ』なんて人それぞれ
希望も絶望も、良いことも悪いこともある
今更観た。これアメリカの上映知らないけどリーマンとかタイムリーな時期の作品なんだね。
rey

reyの感想・評価

3.7
脚本△
演出○
役者○
音楽△
コメント
物理的にも環境的にも宙ぶら状態で『up in the air』。軽やかに展開する。邦題が悲惨。
Tak

Takの感想・評価

2.6
・基本的にかっこいいのだが時々抜けのあるキャラ作りはジョージクルーニーのベストポジションの気がする。ジョージクルーニーだったら、その「抜け」すらも「かっこよさ」に転化するからすごい。
・スーツケース、スーツ、空港のヴィジュアルが綺麗。劇場で使用されていたスーツケースを購入することを決めた。
AKI

AKIの感想・評価

-
俺もマイラーなのでマイルを貯める喜びはよくわかる。
>|