インベージョンの作品情報・感想・評価・動画配信

「インベージョン」に投稿された感想・評価

ブッチ

ブッチの感想・評価

3.7
裏窓を見た時にストーリーよりも、グレースケリーの美しさに心を奪われた。

これは、そのニコール版。

彼女の魅力に酔いしれる為の作品。

そこにハラハラのストーリーが被さってくるので最後まで一気に見れる。

その当時見た時は、あまり面白く思わなかったが改めて再見し、傑作と感じた。

もちろん、ホームレスやヴェロニカ出演などの過去作へのオマージュもしっかりと盛られている。
見始めてから気付く2回目でした。

当時ニコール・キッドマンは40歳です。まだ顔面の補強工事は施していないように見えるのですが、よくわかりません。

こういう映画だと胞子人が当たり前のように悪者にされますが、ワイは胞子人の味方です。人間から感情を無くせば世界が平和になるというのは真実だと思います。
胞子人がブレイクしてた頃の政治newsでは、G8をはじめいろんな場でいろんな平和的な条約が締結される様子が報道されています。
一方、胞子人のブレイクが終結した後のダニエル・クレイグは、朝刊を読んでテロ事件を嘆いています。世界がまた平和じゃなくなったようです。
ラダー

ラダーの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ニコール・キッドマンが安定の美しさ。そしてハンサムなので、ヒロイン兼ヒーローでメンズ活躍できず。家庭的な印象はないのに、なぜか母親役もいつもはまり役でさすが大女優。
感染というより、細菌に支配されていく筋立てはゾンビ系とは一風違って楽しい。初めは怪しいウイルス研究かなと思ったら、隕石付着の細菌とはなかなか着想が良い。CDCだから予防接種で確実に感染拡大させていくのだろうか?私なら浄水場を狙うが、鮮度が落ちるのか気になるところ。無表情でありさえすればバレないという設定も良いし、飛び降り自殺や暴行シーンで未感染者を炙り出すのも実に人類の知恵らしい。
そして、我々生物は既に何十億年も支配されているのではないかとミトコンドリア大先生は呵呵大笑するだろうなぁという感想を持ちながらエンディングを眺めるのが最も乙な作品。
アキ

アキの感想・評価

3.2
ボディスナッチャーズのリメイクです。ある意味伝染病映画、グロさや緊迫感は期待しないで。ニコール・キッドマン綺麗です。
青猫

青猫の感想・評価

-
ドンシーゲルから始まり何度もリメイクされたボディスナッチャー。
単純にこの時、40歳くらいのニコールキッドマンが美しいですね。
数あるボディスナッチャーの中でもテーマが明快に示されていてエンターテイメントとしても程よい深夜感。
Iman

Imanの感想・評価

3.5
ニコールキッドマンが頑張る作品。王道ストーリーだけど、飽きずに観れました!
REM

REMの感想・評価

3.2
2020-07-31 wowow

一応これも原作フィニィになるのか。
原作や前作、前々作と違って、かなり皮肉な内容。
世界平和をもたらすウィルスとの戦いとか
我が子と世界を引き換えにする物語とか
色々読めるけど、それは狙い通りに違いない。
面白い。特に前半なんかは黒沢清的な、意思を持たず立ち尽くす人々や、影に覆われて視認できない人物を捉えたショットなどゾクゾクするような瞬間が多い。眠ってはいけないというルールが単純な逃亡からよりサスペンスを生んでいるが、感染している/していないというのがもう少しサスペンスフルに描けたのではないかとも思ってしまう。

このレビューはネタバレを含みます

今夜は寝かさないゾ☆

ニコマンの心臓注射系ボディスナッチャーなんだけど、エイリアン側が共産主義的な思想でマジにつまらない人間の集まりなのが笑える。
>|