ぼくの生まれた日の作品情報・感想・評価

ぼくの生まれた日2002年製作の映画)

製作国:

上映時間:28分

4.0

「ぼくの生まれた日」に投稿された感想・評価

Fuu

Fuuの感想・評価

3.3
エンディングが1番良かった、笑
絵がきれい、動きもかわいい
照明?というのか、明るさがいつもと違うかんじで、影が細かく付いてたりしてそういうところも味わい深くてよかった
結構面白かった記憶
ハチ子

ハチ子の感想・評価

4.5
安定のドラえもん感動ストーリー。
大人になってから見ると攻撃力半端ない…!
エリ

エリの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

のび太は自分の誕生日で浮かれていたが、それを忘れていたパパとママにめちゃくちゃ怒られてしまう。ショックを受けたのび太は家出をするが、ドラえもんが迎えにきて、タイムマシンで一緒にのび太の生まれた日に行く物語。
若い頃のパパの生まれたてののび太にデレデレするところや、生んでくれてありがとう!とママに感謝を述べるシーンが胸を打つ。のび太の名前の由来がとても素敵。ラストシーンはあまり覚えてなかったんだけど、今回見直してのび太がドラえもんに手を差しのべるシーンがすごく良かったなぁ。ドラえもんもちゃんと家族の一員なんだね。
「僕が生まれて良かった?」「良かったよー!」のやり取りでボロ泣き(ToT)
Nagi

Nagiの感想・評価

-
2017/5/13
おもしろかった
のび太のパパとママの会話だけでも泣けてくる。
喧嘩してても、これ見ると親を大切にしなきゃと改めて思える。
エンドロールまでしっかり見るともうひと泣き出来ます。笑

がんばれ!ジャイアン‼︎もかなり泣けた。ジャイアンいい兄ちゃんすぎる!
「ドラえもん」はやっぱりスゴい。子どもの頃夢中で読んで入り込み、いま、大人になって映画で懐かしさと新たな感動を味わっている。
名前の由来のまっすぐ伸びた大きな木、親子の絆をストレートに描いた感動作。最後、ドラえもんの手を取るのび太のやさしさに感動。エンドロールも見逃せない!
>|