せいじさん

斬撃 -ZANGEKI-のせいじさんのレビュー・感想・評価

斬撃 -ZANGEKI-(2009年製作の映画)
1.0
「スティーブン セガール主演」いえいえ。セガールはチョロチョロしか出ません。「セガールアクション炸裂?」いえいえ。セガールが暴れようとすると激しいカット割が始まり、いつの間にか敵が倒れているので炸裂したかがわかりません。「今回の敵はテロリスト?」いえいえ。今回の敵は人間ではなくてゾンビです。...なんだこの作品!?セガール版バイオハザード。彼は所謂プロのゾンビハンター。閉鎖された病院内に閉じ込められた一般市民を助けに来た。その割にはあまり助ける事に情熱は無い。セガールの前に出てきたら、ゾンビは倒す、市民は一緒について来る事を許す。...オレ様ヒーローの誕生だ。ゾンビはグロテスク表現かなり多目(^_^;)アクション映画を観るつもりのところへいきなりスプラッターはダメージがデカい。味方のアメリカ軍の作戦は「病院ごとミサイルをドカドカ撃って吹き飛ばせばいいよね?」作戦。市民助ける気ゼロ。なんだこの作品!?こんな作品にも堂々と主演するセガール。本当に無双だなぁ