こちんだ

奇跡の丘のこちんだのレビュー・感想・評価

奇跡の丘(1964年製作の映画)
-
ピエル・パオロ・パゾリーニの作品で、宗教やマルクス主義など様々な要素を取り入れている。

南イタリアの風景を舞台として、聖書を再現している。後で知ったけど、キャストはほとんど新人で、イエスキリストを演じた人も学生だったらしい。
新人が多く出演している分、雰囲気も良くなっている。

メル・ギブソンは熱心な信者で『パッション』を作ったけど、この『奇跡の丘』はパゾリーニ監督が信者じゃないため淡々としている印象。
会話が少ないし、十字架を運ぶシーンもこんな静かなんだと思った。

聖書を見て勉強するのにオススメな作品