美少女戦士セーラームーンSuperS外伝 スペシャルプレゼント 亜美ちゃんの初恋の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「美少女戦士セーラームーンSuperS外伝 スペシャルプレゼント 亜美ちゃんの初恋」に投稿された感想・評価

django

djangoの感想・評価

4.0
セーラームーンってこんなにカオスな話だったのか。
というか、その中の亜美ちゃん、セーラーマーキュリーが主役の短編なのだが…。
とりあえず、人の話を全く聞かないね。
自らの妄想と情念の世界に閉じこもったまま、勘違いからの!変身!即超必殺技→敵瞬殺。
という、およそ、常人には出来ない勝ち方をしたね。
こんな、常軌を逸した人物でありながらセーラー戦士のブレーンなんですよ。信じられない。
だって、IQが300なんだからー!!
人気が出るのも仕方ない。
余談だが、大学時代に、このセーラーマーキュリーのフィギュアに白い液体をかけまくる遊びをしていた知人(恥人)がいた。
奴は人間ではなかった…。
レトロ感がありつつ、色合いがピンクや水色、紫強め?で少女漫画感溢れてて可愛すぎる…!
光の入り方が虹色なのもすごいラブリー。この子たち中学生なのか…!みんなの制服が違うのもすごいな〜。
れいろ

れいろの感想・評価

2.0
ショートカットの火付け役といえば、みなさんご存知セーラーマーキュリー!!
まだおチビだった僕ちんは、当時ヴィーナスこと美奈子ちゃんにキャッキャしてたけど、セーラーおじさん達の人気を総取りしたのはこの亜美ちゃんらしい!

そんなIQ300の亜美ちゃんだって恋の一つもすれば弱点モロ見え!ワンちゃんいけるぞおまいら!!!


だけど大人になった今、

火野レイちゃんなんだよなぁ

亜美ちゃんのキャラが崩壊してる。これはこれで可愛かったけど(笑) もはやツッコミが追いつかないレベル\(^o^)/
制服のセーラー戦士たちがかわいい。
ストーリーは、15分しかない短編なので…

だけど、15分でも思う、こりゃ人気出るわ!実際私も夢中でした。
美奈子ちゃんが好きです
亜美ちゃんかわいいな〜!

やっぱりセーラー戦士たちが変身するシーンはテンションあがる!

セーラームーンが1番素敵なんだけどね、変身。
青二歳

青二歳の感想・評価

3.3
亜美ちゃん可愛い!「9月10日生まれの乙女座☆」とかどうでもいいわと思うけど亜美ちゃんに言われるとうんうん乙女座かぁ〜(˶‾᷄ ⁻̫ ‾᷅˵)となる。これは可愛い。中学の全国模試で毎回満点のトップってすごい頭いいなぁ。セーラー活動やってる暇ないんじゃないか。
亜美ちゃんの好みのタイプはアインシュタイン博士らしい。きっとこの天才が愛人を多数抱えていた事を知らないであろう純真な亜美ちゃんが愛らしいですね。魔物(敵ってなんていうんだっけ)に亜美ちゃんの淡い恋心を"淫乱邪気の塊"と断じられていて目が点。ひどい!初恋なのに。
あず

あずの感想・評価

-
かわいい
が、
眼鏡かけると意外と野暮ったいのね
亜美ちゃん
Kino

Kinoの感想・評価

4.0
なんで昔のセーラームーンってこんなに、キュートで綺麗なんだろうって思った。可愛いよな~
今見ても最高に可愛い。今のアニメより絵も好き。

どこの場面で止めても絵になるし可愛い。よくinstagramとか、pinterestとかでセーラームーン(昔の)アニメのキャプチャ?を見る。すっごい可愛い。

はじめのルルルンルル~がすっごい可愛い。乙女!ってかんじ…

亜美ちゃん意外と強気。笑
昔すごく憧れたな。

セーラームーン好きだなあ。
後にTVシリーズ最終作「セーラースターズ」のメインスタッフを担当することになる、五十嵐卓哉(SD)×山口亮太(シリーズ構成)の両名による、水野亜美を主役としたスピンオフ短編作品。作画監督に下笠美穂、原画陣に山下明彦、山下高明、細田守などといった、スタジオジブリなどでも活躍するスタッフや、有名作の各話演出や監督作で名を馳せる人物が名を連ねているだけあって、映像的にはわずか16分の作品ながら、見所があり、楽しめる一方で物語の方は雑誌の全国模試で亜美と並んで全教科満点を取る「メリクリウス」というペンネームの人間を巡るコミカルな物語。とにかく水野亜美というキャラをフィーチャーしているので、キャラが好きならば存分に楽しめるものだろうと思う。残念ながら自分はそこまで話を楽しむことはできなかったが。今見るとやはり、風俗が一昔以上前だということを実感させられてしまい、こうやって「時代」となっていくんだなあと感じさせれてしまう。まだ携帯電話、下手すればポケベルすら出てこない世界な一方、かしましいうさぎたちの掛け合いは当時の肌触りなので、そこを許容できるか否かで面白さの度合いはだいぶ変わるのだろうなあと。そういった作品だった。なお点数は作画と演出等々を加味しての点数です。話だけ見たらなかなか厳しいものがある一本でした。