美少女戦士セーラームーンSuperS外伝 スペシャルプレゼント 亜美ちゃんの初恋の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「美少女戦士セーラームーンSuperS外伝 スペシャルプレゼント 亜美ちゃんの初恋」に投稿された感想・評価

まぁ

まぁの感想・評価

3.0
可愛い物語…♡
(…昨日、セーラームーンを鑑賞しておいて良かった…笑)

(美少女戦士たち…中3…という設定で…)

亜美ちゃんは…500点満点中500点を取る、勉強大好き女の子…(凄い‼︎)

彼女の「初恋」相手は…(笑)
…意識して…当然かもしれない…♡

(苦手なものにも…笑った…笑)

オチは何となく読めたけれど…
…可愛い…(笑)

「セーラームーン」を詳しく知らなくても…楽しめる作品…♡
短編で見やすかった!
なによりセーラームーン大好き💝
だけど、亜美ちゃんキャラ(笑)
全然人の話聞かなくって突っ走りタイプ過ぎて笑ってしまった🤣🤣🤣
だりあ

だりあの感想・評価

3.7
super S劇場版と同時上映の短編。

マーキュリーこと亜美ちゃん、意外と
暴走しがちで面食いなところがあり
面白い。
ただ「数理くるめ」という名前オチは
あまりにも強引ではないか(笑)。
麹

麹の感想・評価

-
16分という短い時間のなかに亜美ちゃんの可愛いさ、かっこよさがぎゅっと詰まってる
なりたいものたくさんあるけどやっぱり1番なりたいのはセーラーマーキュリーだ
のもと

のもとの感想・評価

3.8
亜美ちゃんらしさが詰まった15分の短編。覚えた英単語や公式が消えちゃって悲鳴をあげるのも、変身シーンのライバルの二乗=敵!も、好きなタイプがアインシュタインで理想が高いところも亜美ちゃんらしくて好き!!
小さい頃、知的で大人っぽい亜美ちゃんに憧れてたなぁ。
あぁ、懐かしいなぁ。
セーラームーン。
オタクからは亜美ちゃんが一番人気でしたね。

できる人は昔から朝活してんだな。
当たり前か。
普段は冷静で頭が良くてみんなを諫める参謀役なのに、たまに暴走してぶっとんでしまう亜美ちゃんが可愛くて可愛くて仕方ない!

同時上映なのに、本編より作画が好みでした。

幼少期はこれみて亜美ちゃん好きになったんだよなぁ。
思ったより動きが良かった。原画に細田守が参加していたんですね。
django

djangoの感想・評価

4.0
セーラームーンってこんなにカオスな話だったのか。
というか、その中の亜美ちゃん、セーラーマーキュリーが主役の短編なのだが…。
とりあえず、人の話を全く聞かないね。
自らの妄想と情念の世界に閉じこもったまま、勘違いからの!変身!即超必殺技→敵瞬殺。
という、およそ、常人には出来ない勝ち方をしたね。
こんな、常軌を逸した人物でありながらセーラー戦士のブレーンなんですよ。信じられない。
だって、IQが300なんだからー!!
人気が出るのも仕方ない。
余談だが、大学時代に、このセーラーマーキュリーのフィギュアに白い液体をかけまくる遊びをしていた知人(恥人)がいた。
奴は人間ではなかった…。