ロング・グッドバイの作品情報・感想・評価

「ロング・グッドバイ」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.6
「ロング・グッドバイ」
原題「The Long Goodbye」
1974/2/23公開 アメリカ作品 2017-137
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1970年代ランキング49位 再鑑賞

鬼才ロバート・アルトマンがレイモンド・チャンドラーの最高傑作と知られる「長いお別れ」を映画化し、今までにない探偵フィリップ・マーロウを描いた作品です。
原作ファンからの批判が多かったそうですが、後に松田優作か「探偵物語」の探偵像の参考にした事で有名なダンディズムとは対極の無精髭でバサバサの髪のくわえ煙草が似合うフィリップ・マーロウ探偵を多くの人が愛したようですね。
探偵物ですが謎解きとかストーリー展開をら楽しむよりはその作品の持っているフィルムノワールのムードの中や格好良さ、そしてジョン・ウィリアムズのジャズアレンジの効いた音楽を楽しむのが正解かもしれませんね。

レイモンド・チャンドラーの推理小説を、鬼才ロバート・アルトマンが映画化。監督アルトマンとエリオット・グールドのコンビが独特のマーロウ像を生み出している。
ageless505

ageless505の感想・評価

5.0
語りえぬものについては沈黙しなければならない。
そんな探偵モノ、などと強がってみる。

裸でヨガするお姉さんたち、モノマネ大好きな門番、チンピラのボス宅にいるあの筋肉男、ハーモニカを渡してくる全身包帯患者etc。存在意義を探ってもよくわからないのは、猫ちゃんの行方と同じ。

本作品以降の映画はある意味不幸。
<あーぁ「ロング・グッドバイ」テイストね?>
で、知ったかぶれちゃう。

だから、ますます映画が好きになっちゃう映画。
最高ですね。
よさし

よさしの感想・評価

2.5
ラストは原作の方が良いかな
マーロウかっこいい ねこちゃんかわいい
何かありそうで、何もない それはLAのありのままの姿
終始退廃的な雰囲気が漂っているのに所々笑える
音楽も良かったな
kogacola

kogacolaの感想・評価

3.0
かっこいい探偵物はここからがスタートか。
ストーリーはさておき、男の所作が魅力。
タバコの火のつけ方、猫への餌のやり方。
どれもかっこいい。
池波先生の男の作法を読み直したくなる。
まな

まなの感想・評価

-
授業で鑑賞
santasan

santasanの感想・評価

3.4
いまどきの映画のような緊迫感がある訳ではないが、マーロウがタバコを吸うシーンなど所々に映像的な拘りを感じる。自分の利益のために親友を利用するのは…やはり許されないよね。
公開が73年と知って驚き。原作と全く異なる終わりに鑑賞してる側が裏切られたように感じた。
良いハードボイルドさ。
>|