ロング・グッドバイの作品情報・感想・評価

「ロング・グッドバイ」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.6
「ロング・グッドバイ」
原題「The Long Goodbye」
1974/2/23公開 アメリカ作品 2017-137
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1970年代ランキング49位 再鑑賞

鬼才ロバート・アルトマンがレイモンド・チャンドラーの最高傑作と知られる「長いお別れ」を映画化し、今までにない探偵フィリップ・マーロウを描いた作品です。
原作ファンからの批判が多かったそうですが、後に松田優作か「探偵物語」の探偵像の参考にした事で有名なダンディズムとは対極の無精髭でバサバサの髪のくわえ煙草が似合うフィリップ・マーロウ探偵を多くの人が愛したようですね。
探偵物ですが謎解きとかストーリー展開をら楽しむよりはその作品の持っているフィルムノワールのムードの中や格好良さ、そしてジョン・ウィリアムズのジャズアレンジの効いた音楽を楽しむのが正解かもしれませんね。

レイモンド・チャンドラーの推理小説を、鬼才ロバート・アルトマンが映画化。監督アルトマンとエリオット・グールドのコンビが独特のマーロウ像を生み出している。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.0
原作を読んだ方からは不評のようですが、私は好きだと思いました。アルトマンの映画で唯一理解できた作品かも。群像劇じゃないからかな?とにかく探偵さんがスマート。あまりその辺は訳されていませんが、台詞も粋で皮肉なのが良い。軽いタッチも魅力で、また見返したくなる一作でした。
かーく

かーくの感想・評価

3.2

主人公の魅力は半端ない。けど普通のサスペンス、テンポが悪いのか間延び感。ハードボイルドでも猫映画って感じでも無いと思った。良さがわからずショック。音楽とかかな
『カウボーイビバップ』も『探偵物語』も、自分の憧れた作品たちはこの映画から始まっていた。
いずみ

いずみの感想・評価

4.5
天才的な言わずと知れた傑作。
sonozy

sonozyの感想・評価

3.8
私立探偵フィリップ・マーロウを主人公とするレイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説を映画化した作品。

ハードボイルド=ハンフリー・ボガート的な渋い男のイメージを持っていたんですが、さすが70年代テイスト、まったく想像と違いました。

このマーロウ(エリオット・グールド)の演技で、松田優作のキャラが設定されたと言われるのに納得の、独特のキャラなんです。

冒頭、ジョン・ウィリアムズによるジャズが流れる中、マーロウが朝3時にお腹すかせた飼い猫に起こされて、キャットフード買いに行くあたりから、やられます。笑

まず、シュールなのが、マーロウが住む不思議な構造のアパート。その隣人は昼も深夜もなぜかベランダにいて、上半身ハダカでヨガ、ダンス、宇宙との交信?してるヒッピー・ムーブメント的な女性グループ(たまに男性もいる)。彼女たちはストーリーにはまったく絡まず、妙な存在として何度か出てきます。笑

犯罪モノなので、もちろんストーリーはしっかりあるんですが、推理ドラマ的に伏線を追ったりしていると肩透かしされるし。
極悪非道な奴らも出てくるんですが、こいつらも追い込みが甘いし。(このメンバーに無名時代のアーノルド・シュワルツェネッガーもいました。セリフ無しで筋肉見せるだけ。)

ラストも、こうなっちゃうんだ的展開&妙にポップな音楽。

何とも不思議な魅力満載な作品でした。笑
ysm

ysmの感想・評価

2.0
原作を読んでいない人の方が幸せになれる映画
これは面白い映画というよりはたまらく好きな映画です。この映画のすごいところは最初の脱力感たっぷりのネコとのやりとりで、完全に世界観に引き込まれるところです。原作も傑作ですが、アルトマン監督さすがです。
>|