ロング・グッドバイの作品情報・感想・評価

「ロング・グッドバイ」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.6
「ロング・グッドバイ」
原題「The Long Goodbye」
1974/2/23公開 アメリカ作品 2017-137
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1970年代ランキング49位 再鑑賞

鬼才ロバート・アルトマンがレイモンド・チャンドラーの最高傑作と知られる「長いお別れ」を映画化し、今までにない探偵フィリップ・マーロウを描いた作品です。
原作ファンからの批判が多かったそうですが、後に松田優作か「探偵物語」の探偵像の参考にした事で有名なダンディズムとは対極の無精髭でバサバサの髪のくわえ煙草が似合うフィリップ・マーロウ探偵を多くの人が愛したようですね。
探偵物ですが謎解きとかストーリー展開をら楽しむよりはその作品の持っているフィルムノワールのムードの中や格好良さ、そしてジョン・ウィリアムズのジャズアレンジの効いた音楽を楽しむのが正解かもしれませんね。

レイモンド・チャンドラーの推理小説を、鬼才ロバート・アルトマンが映画化。監督アルトマンとエリオット・グールドのコンビが独特のマーロウ像を生み出している。
それほど凝った映像ではないが70年代のいいムードは時々観られる。3~4曲に1曲ほどの割合で凄く渋いジャズが流れて心地良い。

エリオット・グールド扮する私立探偵フィリップ・マーローには独特のムードがあり面白味がある。この一癖ある古臭いムードに浸れるかどうかがポイントだろうか。それにしても私的にはラストシーンは残念に思った。

全体的に眠たいトーンでそれが持ち味とは言え退屈にも感じる。レイモンド・チャンドラーの小説とはけっこう別物ではなかろうか。
サスペンス

舞台はカリフォルニア、ロサンゼルス。
年中湿度の低い空気に、眩しい陽射し。
夜はオープンカーでも気持ち良さそうに走るシーンは、現地の過ごしやすさを撮してる。
私立探偵が友人の失踪、自殺の事件を追う話。

原作のあるこの映画は小説独特の空気感が漂ってる。
音楽の構成も素晴らしいし、ラストも最高。

鑑賞2回目。
こんなジャンルが好物だと再確認。

まあ寒いこの季節に
It's OK with me.
が言える位が丁度良いかなと思った。
留学中に観た。
フィリップ・マーロウはんのバードボイルドっぷりを感じる映画。煙草吸い過ぎだろってのと近所の女が印象に残ってる。
サヨナラだけが人生だ

結末は原作と好みが分かれるところだが、デカダンな70年代の雰囲気はやはりカッコイイ。

ラストシーン
振り返る車上の女、一瞥もくれない男… ハードボイルド!
渋っ!

タバコといいスーツといいあのやつれた感じ。
マッチの付け方がいちいちかっこいい

探偵もの。まぁ最後はやられた。
結構意味のないとこが好きだったりする。


あの浜辺の家とかあのマーロウの家とか住みたい。
分かっていてもロバートアルトマンにやられた。どうでもいい関係ないことがあちらこちらに散らばって、それを真剣に関係あるのか見てしまった。(何、あの裸で踊る女たち、役立たずで最初から最後まで関係ねぇ)伏線を一生懸命探す行為が意味ねぇ?

典型的な推理物を完全に馬鹿にしてやがる。

黄色い猫が可愛いな。
マーロウの声、渋っ!ガラスでマッチをつけたい。どこまでも冷静でタバコ吸ってる。カッケェな。浜辺では流石にキレてたな。全員がグルでテリーをはめやがって。
警備員の俳優のモノマネのしつこさ。
ロジャーの病んでるクソめんどくさいアル中加減
どれも絶妙。。。

ラストが衝撃的すぎる。完全に騙された。結局ほぼそのまんまじゃねぇか。
マーロウの今までのクソカッコつけてた読み、ダッサ。
ロジャーが不憫でならん。
マーロウがわざと無視していく男気。一度惚れたから殺せないけど、会話をする気もない。
さ

さの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

なぜか繰り返し見たくなっちゃう作品。

予定調和とか巧妙な伏線の因果関係とか、今から見れば、え、それで良いの?と思うけどかっこいい。ハードボイルド 好き…

フェロモン全開のフィリップマーロウと謎のヨガ集団は忘れられないし、美少女の顔をワイン瓶で叩き割るところは許せない。

ねこちゃんどこ行った…
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

4.0
フィリップ・マーロウの余裕ある渋い感じがかっこいいなぁ。
猫や尾行する新人への接し方に優しさを感じて、人柄がとても魅力的でした。
ラストシーンも結構好きです。
>|