学校の怪談4の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「学校の怪談4」に投稿された感想・評価

学校の怪談祭 最終夜

シリーズの中で4だけは少し異質。
コミックタッチなお化けや学校でのシーンもほとんどなくなって、ソフトな心霊ホラーに仕上がってる。日本人形みたいな顔立ちしたおかっぱの女の子の不気味さよ。。

単体としては楽しめるけど、なぜ「学校の怪談」にしたのかわからない。
学校の怪談はやっぱり学校を舞台に小学生が冒険するものが好きだなぁ というのが正直な感想。

幸一じいさん時を経て再びかくれんぼ〜ラストのアイスの展開は感動&ほっこり。
シリーズの中で一番じわじわと嫌な怖さを感じる作品でした。
コメディ要素も薄く、仲間と困難を乗り越える流れもなく、ストーリーに緩急がない印象だったのでシリーズの中では低めにつけました。
ですが、ホラー作品として単体で見るとスリルと切なさと懐かしさを感じさせてくれる、とても素晴らしい作品でした。
135036

135036の感想・評価

-
コメディ路線からの振り戻し。名作だと思う。
震災後に観たら、重ねてしまった。
し

しの感想・評価

5.0
雰囲気が素晴らしい

今までのシリーズとは路線が変わるけど
別の作品として見れば素晴らしい作品

子供の演技力は今までより劣る
久しぶりに観たけど良いもんだなぁ。
ホラーというより青春冒険活劇。たまには良いね。こういうの。
IユRA

IユRAの感想・評価

4.5
シリーズ最号泣。
「見つけて」の言葉に終始泣きっぱなしでした。東北の震災とかぶるからダメだわ。悲しくて悲しくて仕方がない。

本シリーズはお化けを怖がって楽しむと、友達や故人との繋がりを大切にするのを9対1ぐらいの割合で描いているように思いますが、4作目となる本作はその真逆に描かれています。なので、前作通りエンタメを期待すると色が違い過ぎて肩透かし喰らいます。

1作目から見ていた子供達も大きくなり、心霊ものの子供だましではない怖さを見せたかったというのもあるのかも知れませんが、

死んだ人は怖くない。
故人への思いを大切にする。

このメッセージをストレートに伝えたかったのだと思います。

人が亡くなるのは避けられない。
「ごめん」なのか「ありがとう」なのか、
伝えたい言葉は黄泉の国でまた再会できる日まで。


平山秀幸×奥寺佐渡子
素晴らしい映画をありがとうございました。
学校の怪談は日本が誇る映画です。

しっかし、子供と老人のコンビものにほんと弱いわぁ。兄妹愛もね(;_;)
なおー

なおーの感想・評価

3.4
まず、ポスターに驚く。
青い顔した女の子が涙を流してるビックリ系のポスターで「あれ?」って違和感。
かなりホラー寄りになってる…。

ポスターも然る事ながら、ストーリーも今までと比べてかなりホラー寄りになっていた。ホラーはホラーで好きなので、私は楽しめたけれど、これまでの学校の怪談シリーズが好きな人はちょっと面食らうかも?

学校の怪談、なんで好きかって考えた時に主人公が小学生というところ、舞台となる学校を冒険?するところだと自分では思っていて。
4は、もちろん主人公は小学生だったけれど、学校探検要素が低かったから、それは少しだけ残念だった。

あと印象に残っていること。
文房具屋のこうちゃんと主人公である妹ちゃんの会話。
初観賞。
ファンが求めるシリーズのアイデンティティを製作陣が履き違えてしまっている作品。学校に纏わる怪談ほとんど関係ないし、大部分の舞台が学校でもないし、なによりユニークなキャラクターやコメディ要素がすっかり失われている。最後なんかほとんど松之助師匠が主人公だし。
LUKE

LUKEの感想・評価

4.5
シリーズの中で1番ホラー要素が強い。終わり方も納得できる。学校の怪談シリーズは4作品とも裏切らない!
題材が津波と言う事で、今ではテレビでは絶対に流せない内容だなと思う。1〜3はテレビで見た為なぜ4は放送されないのかなと疑問を持っていたが、実際見てみると理由は納得できる。
この作品をみるとなんだか3.11の震災を思い出す
津波のシーンがあるからです。

主役のこーちゃんを演じた広瀬さんは宮本亜門ミュージカルで大活躍中みたいです。