misaki

プレシャスのmisakiのレビュー・感想・評価

プレシャス(2009年製作の映画)
4.0
オスカー獲ってるのに日本ではあまり有名じゃない作品


主人公は中3の女の子、プレシャス
数学の授業中校長室に呼び出され退学だと告げられる。
なぜなら彼女は妊娠しているから。
お腹の子の父親はプレシャスの父親
しかも2度目の妊娠
今は母親と暮らしているが、その母親も精神的に彼女を虐待し、娘と旦那の間の子を利用して生活保護をもらう最低な母親
そんな悲惨な家庭環境で暮らすプレシャス
しかし退学しフリースクールに通い始めたことをきっかけに、彼女の生活や心が少しずつ変化し始める。


人生のどん底にいた者が、新たな自分を見出してく話って例外なく感動する。

プレシャスは今いる場所が世界の全てだと感じていたけど、ちょっとした変化で彼女の世界はガラッと変わる。

人生初めての友達や親身になってくれる先生に出会い、読み書きすら出来なかった彼女が学ぶ事の楽しさを覚え、今までみることすら考えなかった将来の夢を描くようになる。

元々の世界には彼女の味方は誰1人いなかったけど、新たな世界では全員がプレシャスの味方


当たり前だけど、人との出会いってものすごく大事だし、身を置く環境によって人生は大きく左右するなと改めて思った。


観た後キャストを調べて、マライアキャリーが出てたことにびっくり!
全く気づかなかった、化粧薄くて。
なんかすごく庶民的な顔で好感持てる笑
役所もめちゃくちゃ良くて、演技も普通に上手い。