warderbrothers

プレシャスのwarderbrothersのレビュー・感想・評価

プレシャス(2009年製作の映画)
3.8
ー感想ー
えげつない映画を観てしまった、、

今オーストラリアでホームステイ中なんですけど、ホストファザーが私に教えてくれたんですね。
「愛する人がいない人はいない。」と
まさにその言葉がそのまま当てはまる作品だと思います。
「人を憎むな、人は皆利己的な生き物だと悟らなければならない。人が皆愛する力を持っているならば、どんな悪行をした人をも愛することができるのではないか。」そうホストファザーは言っていました。
まさにその言葉がやはり当てはまります。

あの終わり方、個人的にすごくいいと思いました。


ー考察ー
“self-confidence “
「自分に自信がある人」と聞くとどう感じますか?
私の偏見かもしれませんが、日本人は欧米諸国の人々に比べるとあまり良いイメージを比較的持たないと思います。
謙虚さ、忠実さが高く評価される日本ならではの価値観によるものだと考えられますが、自信を持つことは生きる上で必要だとこの作品から感じました。
「謙虚」と「自信過剰」の間に位置する “self-confidence “のようなちょうどいいフレーズが日本語にあったらいいんですけどね。
何か該当する言葉があれば教えてください!