みみずのオッサン

蛇のひとのみみずのオッサンのレビュー・感想・評価

蛇のひと(2010年製作の映画)
3.3
くちぶえとピアノの不安定な不協和音。これがそこはかとない不気味さを醸し、最後まで惹きつけられた。
西島秀俊の取ってつけたような関西弁も、次第に説得力を持って響いてくる。なんだか不思議な魅力のある掘り出しものでした。
劇団ひとりのエピソードが良かった。