matchypotter

ロッキーのmatchypotterのレビュー・感想・評価

ロッキー(1976年製作の映画)
4.6
《スポーツの映画》、Vol.9。ボクシング①。
スポーツ映画においてボクシングは多い。

それは、魅せるエンタメスポーツとして、とても派手で、むぎ出しで、武器は自らの拳のみ。

エモーショナルで、男らしさとか、強さとか、憧れとか、何かを背負うとか、何かを証明するとか、色んなことが瞬間的に詰め込まれ、爆発的に解放されるスポーツだから。

というのと、何と言ってもこの『ロッキー』シリーズがそれを証明したから。
ボクシング映画というか、スポーツの映画の金字塔みたいな映画。

当時、この映画の冒頭のロッキーのような、日銭を稼ぐような売れない役者だったスタローンが、2〜3日で脚本を書いて売り込んで作ってみたら超メガヒットしちゃった、という逸話を持つ映画。

久しぶりに観たけどやっぱり良い。
歳を重ねてから観た方が、逆に曲がり角を曲がったボクサーの心情とか、内気なエイドリアンの魅力とかがより感じれる気がする。

スカッとする映画の割に観れば観るほど新たな発見と味わいがある気がする映画。
「シンプルイズベスト」の真骨頂。

ボクシングなので、もちろん最後はアポロとの勝敗はつくわけだけど、この1作目はその勝ち負けに拘らない、ロッキーがボクサーとして、人として、底辺から這い上がることを、自分に打ち勝つことを見せつける作品。

最後にリングの上で
「エイドリアァァン!エイドリアァァン!」
と呼び叫ぶシーンはあまりにも有名だが、このシーンがそのロッキーの何かを乗り越えた魂の歓喜であると思えば、本当に感極まる。

そもそも、うだつの上がらないピークの過ぎたロッキーが「なんでいきなり世界チャンプのアポロと戦えるんだっけ?」ってのは、観るたびに毎回「あぁ、そうだった」と思う。

このチャンスを掴め!チャンスは舞い降りんだ!というアメリカナイズな、これぞUSAみたいな構造がとても気持ちが良い。

「俺は勝てない。俺は少し前までクズだった。ただ最後までやるだけだ。そして、最後のゴングが鳴るまで立っていれた時、それは俺がゴロツキではないことを証明する時なんだ」

名言。これがすべての作品。

謎のゴムボールで遊びながらやたらとチャラチャラおしゃべりブラブラしながら街のみんなとうまくやりながら借金取りしながら片手間でボクシングをしてるような場末でピーク過ぎたボクサーが覚醒と感動をもたらす究極のスポーツ映画。

そして、究極過ぎてここから全6作品の伝説的なシリーズになる。

改めて思うのは、そんな長きに亘るシリーズなのに、1作目の冒頭ですでにロッキーはピークを過ぎていること。

ピークを過ぎてからの成り上がりが半端ないぞ、ロッキー。
また元気をもらえた。