django

ロッキーのdjangoのレビュー・感想・評価

ロッキー(1976年製作の映画)
4.9
心にボディブローのようにくるよね。
先にマイナスの部分について述べたい。
もっと試合見たかったんです。
他は最高。
今、クリードに向けてこの映画は別の見方できるよね。
アポロを主人公として見ることができる。
アポロは、逃れられない大きな力でロッキーを対戦相手にしてしまったように思える。
そんな不運にもチャンピオンらしく戦い抜く姿がいい。
まるで神の怒りを買った神話の英雄みたいだな~。
ならロッキーは神が創った化け物か。
まるで逆の話になるね。