ぐみちょこ

ロッキーのぐみちょこのレビュー・感想・評価

ロッキー(1976年製作の映画)
4.0
有名すぎるタイトルですが今更ながら初見で鑑賞です。
音楽も内容も一度は耳にしたことがあるのに、単なるボクシング映画ではなかったことにまず驚き!てっきりスポ根ものかと...。
肝心のボクシングシーンはほとんど序盤と終盤のみで、中身は熱い漢のヒューマンドラマでした。

主人公のロッキーは一応落ちぶれたボクサーという設定ですが意外にも優しく、人情溢れる好青年。エイドリアンとの恋愛模様もこの作品にはなくてはならない存在で、不器用ながらも彼女に接する姿とボクシングに向き合い切磋琢磨する姿とのギャップもなかなか面白い。
そしてこの男は背中で語る!トレーニングシーンのあとの拳を突き上げるシーンは、最高にかっこいい。
ラストは間違いなく映画史に残る名シーンだし、エイドリアァァン!って叫びたくなる。
エイドリアァァン!!

クリードも公開したのでシリーズ全部見たいけど制覇する前に先にクリードを観てしまいそう〜