ゆきの

ロッキーのゆきののレビュー・感想・評価

ロッキー(1976年製作の映画)
4.5
ついに手を出しました。
みんな知ってる「生卵」と「エイドゥリア〜ン」。
知った気で居たのですが、いかんせんボクシングや格闘技ものに魅力を感じなかったのですが、この度の「クリード」公開をきっかけに観てみようと思いました。

ストーリーはシンプル。
たぶんキャプション読めばほぼストーリーは掴める王道アメリカンドリーム。


いやしかし、スタローンがこの作品でロッキーと同じように「ゴロツキ」から「英雄」になったと思うと、ジンとくる、、

そしてロッキーのキャラクターもまた良い
才能があるものの、堕落した生活を送るも、根が優しく喧嘩っ早くない所が良い。
世界チャンピオンのアポロクリードとの対戦にあたり、周りの人間が掌を変えてロッキーに接してくる。
その中で戸惑いや怒りを覚えながらも、自分を信じ、仲間を信じ、愛を見つける。

最近は「エクスペンタブルズ」で老後青春ムービーを届けてくれた彼ですが、
なかなかにハンサムであります。
しかし、ロッキーシリーズ、長いな…。
ゆっくり観ていきます〜。