ロッキーの作品情報・感想・評価・動画配信

ロッキー1976年製作の映画)

Rocky

上映日:1977年04月16日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ロッキー」に投稿された感想・評価

Mi

Miの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

やっと観れた。

クズだと自分で思いながら生きている男。

オーディションに落ちまくっていた
スタローンは自身を重ねて
書いていたのかなぁとか
考えてしまった

マネージャーとのやり取りが
痛々しくて、辛かった
高利貸しの手先に成り下がったからだと
生きていくためだと

世界選手権の話の後に
アパートへやって来て
そこからのスタローンがつらい
帰っていくミッキーも寂しい
しかし追いかけて引きの画で和解

なんかいいなって。

タリア・シャイアとの関係がすごく好き
どんどん可愛くなって
でもちゃんとスタローンを立てていて
最後の試合、最終ラウンド
目を逸らしたくなるけど
しっかりと見届ける姿

勝ち負けとかそんなのは関係なしに
エイドリアンと呼ぶ彼に向かっていく
ラストはあのカットで終わるのが最高
これみたら走りたなってまうよな
団子

団子の感想・評価

5.0
スタローン作品で1番!
やはり、音楽も映画を盛り上げていて
映画として最高の終わり。
ここあ

ここあの感想・評価

5.0
最強のアゲ映画 純粋に楽しい!
音楽だけでテンション上がるし色々笑っちゃうところあって面白かった
ボクシング興味なさすぎて観てこなかったけど、そんなにボクシングボクシングしてないし、全然私みたいに喧嘩苦手な人でも観れる。でも、本気で頑張ってボクシングやってる人たちからしたら、バカにしてんのか!あめぇんだよ!って感じなのかもしれない。ペットが亀なところとか、ヒロインの女の子がどんどん可愛くなるところとか好き。彼女のお兄ちゃんには色々引いたけど、最後はいいやつ…ロッキーが何回you knowって言ってるか数えたい。スケートのデートシーンが可愛かった
エイドリアン
一

一の感想・評価

3.6
当時無名俳優だったシルヴェスター・スタローンが三日で脚本を書き上げ、アカデミー賞受賞と共に一躍彼を大スターにさせた一作

言わずと知れた名作ですが、恥ずかしながら初鑑賞
本作の象徴とも言えるロッキーのテーマの存在感
凄まじい音楽の力に思わず鳥肌が立つ
バラエティなど様々な分野で数え切れないほど聞いた音楽の元ネタなんて非常に感慨深い

ストーリーはシンプルでわかりやすく、アメリカンニューシネマが主流だった時代に、一石を投じるような作風

落ちぶれた三流ボクサーの再起をかけたトレーニング描写は胸が熱くなる
クライマックスにある試合のシーンは、腫れあがった顔のメイクも全然安っぽくもないし、時代を感じさせないほど熱くなれる素晴らしい演出だった

不屈の闘志で戦うロッキーと、彼を優しく見守るエイドリアンの関係性も素敵すぎる
最初のキスシーンなんかは、セリフがなく視線の交わし合いのみにもかかわらず、ひしひしと感情が伝わってくる見事な演技で、試合以上にこの映画で一番好きなシーンかもしれない

『アンダードッグ』に触発されて鑑賞しましたが、やっぱりボクシング映画は激アツで男臭くて最高

まさにこの映画でアメリカンドリームを手にしたスタローン
夢がありますなぁ…😇👏🏻

〈 Rotten Tomatoes 🍅94% 🍿69% 〉
〈 IMDb 8.1 / Metascore 70 / Letterboxd 4.0 〉

2020 自宅鑑賞 No.522 U-NEXT
K

Kの感想・評価

3.9
記録
努力神話モノかと思ったけど、トレーニングシーンはすぐ終わっちゃうんだ、とちょっと肩透かしをくらった気分。

やっぱパンチを当ててないから映画だなぁと思っちゃった。全然ガードしないし。

みんな憎めなくてキャラはよかった。
大人しい女性もいいなぁと思った。
😭😭😭😭
エイドリアン好き〜〜
屈強な男〜〜!!
あれ最後の判定は、やっぱチャンピオンに花持たされたってこと?しゃーねーかー
クリスマスのシーン、2人が普通の人になっててウケた 最初の感じはどこへ…
普通に笑えるしすげ〜
老人コーチの古典ってここなの?
不良(なりかけ)女の子を送るところとか好きだよ。。。
エイドリアーン !ロッキー!エイドリアーン !ロッキー!エイドリアーン !ロッキー!あれほどまで自分の言葉を発することが苦手だった2人が心から相手の名前を叫ぶ…ぐっとくる
白縁メガネかわいい
>|