miyagi

無言歌のmiyagiのレビュー・感想・評価

無言歌(2010年製作の映画)
3.5
中国共産党の右派の人々が、強制労働という名のもとに、死へと向かっていく話。
ドキュメンタリーが有名なワンビン監督の実話ベースのフィクション。

冒頭から無慈悲に奪われていく命。
ただ空だけが青い。
人間としての尊厳を奪われてなお、食うことには執着するシーンが異様な形で描かれ続ける。
ここはR18でも足りないぐらいの光景に目を背けたくなる。
隣で人が死んでも目の前の飯を食うことを優先するのは、もはや倫理観を失いながら、己が生き残るための本能として生かされている人間の様子が描かれている。

ちょっと強烈すぎる内容だったが、いかんせん通常の作品の倍以上の時間をかけてシーンを切り取っているだけに、かなり退屈なのも確か。
日々腹一杯飯が食えることにただただ感謝。

次回はワンビンのドキュメンタリー作品を是非観てみたい。